デルフィ(ギリシャ)

オリンピア~デルフィ市街~デルフィ

世界地図がなかった時代、「世界の中心」と呼んでいた場所はさまざまなところにあるが、古代ギリシャに「世界のへそ」と呼ばれた場所がある。2019年、行ってみた。

アテネからの3泊4日のクラシカルツアー、2日目にオリンピアからこじんまりした現在のデルフィ(Delphi)の街に入って1泊した。

翌朝、市街地から10分もかからずに「世界のへそ」と言われたデルフィの遺跡に着く。きれいなモザイクが出迎えてくれる。

「アポロンの神託」で栄えた神域

英語・スペイン語ツアーだったので、遺跡を見る前に売店で日本語のガイドブックを購入するのを忘れなかった。デルフィについて、予習をしていこう。

3500年ほど前、紀元前14世紀ごろには人が住んでいて「神託所」があった。デルフィが世界の中心と言われたのは、アポロン神(Apollon)の言葉である「神託」を授けてくれる場所だったから。紀元前8世紀には「アポロンの神託」として地中海諸国にその評判が広まっていたという。

アポロンを描いた陶器(デルフィ博物館)

ちなみに、アポロンはゼウスの息子でアルテミスとは双子の兄妹、オリンポス(オリュンポス)12神の1人で、牧畜と予言、音楽の神とされている。

デルフィの中心にあった「アポロン神殿」で、巫女(ピティア)が月桂樹をかみながら、岩の割れ目から出る異臭のする蒸気を吸って恍惚状態に陥り、カーテン越しに発した支離滅裂な言葉を神官があいまいな意味に解釈して、依頼者に神託として伝えていたという。

何とでも解釈できる神託だったため、当事者にとっては何か起こった時に「そういうことか」と納得したのだろう。紀元前6~4世紀に最盛期を迎え、デルフィの神域全体に神託への感謝を表す像や記念碑、宝物であふれたという。

「まず博物館に行きます。奉納された物を見てから遺跡に行きましょう」とガイド。「世界のへそ(オンファロス)」を示す彫刻がある。後世になって造られた複製で、神託を授けるアポロン神殿の地下に置かれていたというアポロン神のシンボルだという。

世界のへそ(複製)

建物を飾っていた彫刻などは、遺跡で建物を見るところで紹介する。発掘された像が素晴らしい。一番有名なのは青銅製の「御者像」。ギリシャを代表する芸術品だ。

オリンピックと同じように、4年に1度開かれたギリシャ全域の競技会「ピティア祭」で、紀元前478年に戦車競技で勝ったポリザロスという人が奉納したものだという。本人に似せたのかは分からない。

「アポロン」「アルテミス」の兄妹の胸像はなぜか真っ黒だが、飾っているのは黄金。顔がちょっと怖い。

アポロン像

 

アルテミス像

「アギアス像」「アンディノス像」「クレオヴィスとヴィトン像」の人物由来は省くが、これもギリシャ彫刻のトップクラス。こうした像がアポロン神殿を中心に神域内に置かれていた。デルフィ自体が当時の博物館・美術館のような存在でもあったのだろう。

アギアス像

 

アンディオノス像

クレオヴィスとヴィトン像

「踊り子たちの柱」「スフィンクス」などは、多くの柱の上を飾っていた。確かに先に博物館を見た方が、当時のデルフィの隆盛のイメージが沸くかもしれない。

踊り子たちの柱

 

スフィンクス像

 

神託への感謝の宝庫群

博物館を後にして、丘を登りながら遺跡を見ていく。歩くのは、神託を受けに来た人たちも歩いた「聖なる道」。山側の道の右手、柱が立っているところは「スパルタの奉納館」があったところだ。

道の左の谷側は建物の跡が残っているが、状態はよくない。進むと右に曲線の壇のような石積み。「アルゴスの記念碑」というそうだが、記念碑らしきものはなかった。

聖なる道は斜面を曲がりながら登っていく。最初の右カーブのところにあるのが「シキオンの宝庫」と奥隣に「シフノス(人)の宝庫」、さらに奥に「ボイオティアの宝庫」と並んでいる。

シキオンの宝庫(手前)とシフノスの宝庫(奥)

いずれも往時の姿はなく土台しか残っていないが、シフノスの宝庫の壁面は彫刻で飾られていた。博物館に「巨神族の戦い」「神々の集会」のきれいな彫刻が残っていた。

シノフスの宝庫・北側巨神族の戦い

シフノスの宝庫・東側神々の集会

カーブを曲がったところに、原形をとどめているのであろう建物が残っている。近代オリンピックのマラソン競技の基になったアテネとペルシャのマラトンの戦い(紀元前490~489年)に勝利したアテネが、戦利品の10分の1を奉納したともいわれる「アテネ(人)の宝庫」。

この宝庫にも壁面に彫刻があった。軒下部分の外周をグルッと囲むのは、ヘラクレスやテセウスのギリシャ神話などの彫刻。博物館で一部を間近に見られる。

アテネ人の宝庫・南側テセウスとアンディオピ(左)

当時は神託が「当たった」ことで勝利した感謝として、さまざまな都市国家や民族がこぞって宝庫や塔を建てて奉納した。神託を受けたのに負けた例がなかったのか、ちょっと気になる。

「神託」が授けられた場所

さらに進むと「アテネの列柱館(柱廊)」。今は柱が3本立っているだけだが、紀元前548年ごろに建てられたときは、7本の柱で柱廊になっていたらしい。当時の海戦に勝利して奉納したのだという。

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。