ルンビニ(ネパール)

カトマンズ~チトワン~ルンビニ

 

敬虔な仏教徒ではないが、仏陀(ブッダ、Buddha、釈迦)には興味を引かれる。インド、ネパールには4大聖地があり、そのうち唯一ネパールにあるブッダ生誕の地は、はっきりとした証拠とともに残されている。2011年、行ってみた。

ネパールの首都カトマンズ(Kathmandu)から車で出発。「高速道路を行くので速いです」とガイドはいうが、トリブヴァン(Tribhevan Hwy)ハイウエーといっても多くは片道1車線の日本でいえば普通の道路だ。

ただ、ドライバーがうまい。どんどん追い越しながら、80㌔ぐらいのスピードで飛ばすので、高速道路といえるかも。世界遺産のチトワンという自然公園に1泊後、ルンビニ(Lumbini)に向かった。

ブッダが生まれた場所に石が置いてある

休憩を入れながら約4時間、仏塔を載せたような形の門をくぐるとルンビニの街に入る。昼下がり、聖園地区と呼ばれる、ブッダ誕生にまつわる遺跡へ入った。

入口でまず靴も靴下も脱ぐ。裸足で入っていくと、正面に「マーヤー・デヴィー(Maya devi)聖堂」という、ブッダの生母の名前のついた建物がある。

建物自体は2003年に建てられたものだが、ここで見つかった紀元前3~7世紀ごろとみられる聖堂の基壇の遺構をすっぽりと覆って保護するための施設でもある。

ブッダについて詳しくは他の譲るとして、シャカ(シャーキア)国の王妃マーヤー(摩耶夫人)がお産のためコーリヤ国の実家に帰る途中、コーサラ国カピラヴァストゥ郊外のルンビニで休みを取った際、アショーカの木に手をかけたときに右脇からブッダが誕生した。

ブッダは生まれてすぐに7歩歩き、天地を指差して「天上天下、唯我独尊」と言葉を発した。シッダールタ(Siddhartha)と名づけれられたが、母は1週間後になくなり、母の妹に育てられた。ほとんど故手塚治虫氏の漫画からの知識だが、聖誕の地なので、ここまでに。

聖堂に入る。10月だったが、インド国境に近く昼間は暑い。中は蒸し暑く、撮影は禁止だった。

 

レンガの遺構の上に通路があり、聖堂のほぼ中央に「マークストーン」という、ブッダが生まれた場所を示す石がある。絵葉書があったので買ってきた。

マークストーンの絵葉書

「この場所とわかったのは、その周りに建物を建てて祀った跡があったから。ルンビニのことが中国に伝わっていて、それをもとに発掘したら、その通りの遺構が発見されたそうです」とガイドは言った。

生まれ方は別として、聖誕の地であるのは間違いなさそうだ。ブッダ生誕を描いた石像は、イスラム教徒によって表面を削り取られたという。これも絵葉書でしか紹介できない。

釈迦聖誕像(右)と、レプリカの絵葉書

 

裸足で芝生を歩いて見学

外に出て、聖堂を時計回りに回る。裸足で、芝生を歩いた。久しぶりの感触。芝生のところどころに、レンガの遺構が散らばっている。これも伝承によって発掘されたものらしい。

聖堂の裏手にはマーヤーが沐浴したというプスカリニ池(復元されたもの)がある。

ほとりには2本の大きな菩提樹がある。僧が何人も木の下に座っていて、一緒に写真をとると200ルピーのお布施をする。

仏教徒の巡礼地で、日本人は見なかったが、インドとスリランカからの参詣者が多数来ていた。ちなみに、ブッダの4大聖地は他に、ブッダガヤ(悟りの地)、サールナート(初説法の地)、クシナガル(入滅の地)でいずれもインドにある。

 

ブッダ生誕の地を証明する石柱

池を回りこむと、マーヤー聖堂の脇に「アショーカ王の石柱」が立っている。これは、仏教を篤く信仰していたインドのアショーカ王が紀元前249年に建立した。

石柱には古代の文字で「ブッダ生誕のこの地は税金を減免する」という意味のことが書いてあるという。磨かれているのか、2200年以上も前のものという感じはしなかったが「地中に埋もれていたのが19世紀終わりに発掘されたからでしょう」とガイド。埋まっていたため風化せず、文字もきれいに残ったようだ。読めないが。

西遊記のモデルとされる中国・唐代の僧、玄奘三蔵もこのルンビニを訪れ、著書「大唐西域記」にアショーカ王の石柱が落雷によって折れていたという記述があるという。

それに沿って発掘したところ石柱が出てきたということなので、ここはブッダ生誕の地に間違いないという確証になった。折れていたという感じではなかったが、もっと高かったのだろうか。

白い服を着たスリランカからの巡礼の人たちが手足を清めてから熱心に柱を眺めていたのが印象的だった。

平和の火の元に仏教寺院が集まる

この聖園地区を中心に、1985年から日本の建築家、丹下健三氏のマスタープランで、仏教の盛んな国の寺院が建設され、さらに聖地として開発されている。

聖園地区の出口(入口と同じ)で靴を履いていると、出入口の管理人のような人に手招きされた。プレハブのような建物に入ると、ルンビニ全体の設計図などが展示されていた。

池に囲まれた聖園地区を出ると、「平和の火」がたかれている広場に出る。そこからまっすぐ北に向かって川が流れ(行ったときは水はなかったが)両側に各国の寺院が建っている。

ネパールはもちろん、日本、中国、韓国、ミャンマー、スリランカ、インド、タイ、ベトナムなどアジア諸国のほか、ドイツ、フランス、オーストリアなど欧州の国もあった。今はもっと増えているかもしれないが、行った時は草むらの中にポツンポツンと建っており、道もあまり整備されていないので迷わないように。

帰り道、ガイドが「近道しましょう」と、草むらの中の細い通路を歩くことになった。背の高い草が道を覆っているのでかき分けていくのだが、ヒルがいるので注意しよう。巧みに服の下に入って皮膚に吸い付いてくる。草むらから出た後、何か変な感じがしたのでTシャツをめくると、おなか周りに2匹ついていた。いつ、どうやって潜り込んだろう。

1997年登録

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。