古都京都の文化財(日本) 洛西・龍安寺、仁和寺

京都駅~金閣寺道バス停~きぬかけの路~龍安寺~仁和寺

古都京都の中で「洛西」と呼ばれている地域には、世界遺産登録の寺が5つある。金閣(鹿苑寺)は以前紹介した。通称「きぬかけの路」に沿って、歩いても巡れるのが、そのうちの金閣、龍安寺、仁和寺の3つ。2度に分けていったのだが、1日あれば一度で見て回れる。

龍安寺には40数年前の修学旅行以来の2019年、行ってみた。

京都駅からバスで約30分、「金閣寺道」で下りた。「龍安寺前」に行くバスはあるが本数は少ないので「金閣」を出発点に、きぬかけの路を歩くことにした。

バス停から少し上ると金閣の入口に。金閣は2009年に来ているので、その前を通るきぬかけの路を歩き始めた。狭い片側1車線、歩道も広いとは言えない。アップダウンもある。20分ほどで「龍安寺」に着く。

謎の石庭で有名な寺

ちょうど紅葉が見ごろになる少し前ぐらい。もみじは赤く染まってきていた。入口は「山門」。小ぶりな門だ。

そこから、左に「鏡容池」と紅葉を見ながら、世界的にも有名は石庭のある「方丈」までぶらぶらと歩く

龍安寺・鏡容池と方丈

方丈と棟続きになっている「庫裡(くり)」から入る。本来は台所だそうで、禅宗では玄関として使われている。

龍安寺のHPなどによると、創建は1450年。室町幕府の管領細川勝元が譲り受けた山荘に、妙心寺の義天禅師を招いて開山した臨済宗妙心寺派の禅宗寺院。細川勝元と山名宗全が東西に分かれて戦った応仁の乱(1467~78年)で焼失したが、勝元の子の政元が再建した。

方丈は1499年に建立され、石庭はこの時に造られたと伝えられている。方丈は1797年に焼失し、龍安寺の塔頭(たっちゅう)西源院の方丈を移築したのが現在の方丈という。

庫裡から方丈にまっすぐ行って石庭を見ることもできるが、方丈の裏を回り込んでいく順路で歩いていく。桃山時代に侘助という者が朝鮮から持ち帰った、日本最古ともいわれる「侘助椿」。残念ながら春の花なので、紅葉の時期は咲いていない。

庭に「つくばい」が置いてある。茶室に入る時に手を洗うためのもの。水をためる中央が四角くなっていて、四方に文字が書いてある。水が入った四角部分を口という文字(部首)に見立て、上から時計回りに読むと「吾唯足知」となり「われ、ただたるをしる」という釈迦の言葉になる。水戸黄門、徳川光圀の寄進という。

方丈の裏から回りこみ、方丈に入ると目の前に広がるのが、特別名勝の「石庭」。幅25㍍、奥行き10㍍、白砂に石が配置されている。多くの謎を秘めた庭として知られている。

 

作者も作庭意図も不明

龍安寺HPによると、石庭には謎が4つあるという。

「刻印の謎」。作庭した人が分かっていない。開山にかかわる細川勝元、義天禅師や、絵師の相阿弥など諸説あるそう。石の裏に「小太郎・○二郎」の刻印があるが作者とは断定できないという。

「作庭の謎」。白砂に15個の石を5つに固まりに分けておいた意味が分かっていない。話の詳細は他に譲るが「虎の子渡しの庭」と一般的に言われている。「七五三の庭」「心の字」「中国の五岳」「禅宗の五山」など言われているが、意味は分かっていない。

「遠近の謎」。方丈側から見て左奥に向かって少し傾いており排水の工夫をしているという。方丈右手の土塀は奥に向かって低くなっていて、奥行きを感じさせる演出がなされているという。

「土塀の謎」。石庭を囲む塀は菜種油を混ぜた土で作られ「油土塀」と呼ばれる。白砂からの照り返しの防止効果もあるといい、白砂を際立たせている。

方丈から眺めると、どこから見ても15個すべての石を見ることができないという。石の形も様々。意図的なのだろうが、意味は分からない。

修学旅行の時のパンフレットがアルバムに残っていた。「静かに座って石庭と問答してください。ただ石と砂だけをもって禅の悟りを表現し無限の教えを我々に語っています…」。見る人の思想・信条によって様々な解釈があるという。じっと見ていたら何か気づくことがあるだろうか。

1976年当時の石庭

方丈の一角に視覚障がい者が手で触って石庭の位置の配置や様子を知るためのミニチュアが、点字の説明板とともにあった。誰でも石庭の良さを知ることができる配慮に感心した。

 

悠然と立つ二王門、五重塔

龍安寺を出てきぬかけの路に戻る。さらに先に進むと、10分ほどで「仁和寺」に着く。今回は中に入らなかったが、金閣に行った時と同じ年、「京の冬の旅」開催中で「金堂」「経蔵」の特別拝観があった2009年、行ってみた。

「仁和寺にある法師…」で始まる「徒然草」の中の1話は、私の習った中学の教科書に載っていた。

石清水八幡宮を参拝に行った仁和寺の法師が、念願かなって仁和寺に行った際に、山の下にある寺社を見て帰り「長年の思いを成し遂げた。山の上に行く人がいたが何かあるのだろうか」と首をひねったという話。実は肝心の八幡宮は山の上にあり、法師は見損なってしまったのだが、そうと気づかない様子に作者の吉田兼好は「ちょっとしたことでも先導役がいたらよかったのに」と感想を書いている。

その仁和寺、「二王門」というりっぱな門をくぐって参道へ。仁和寺の正面に建つ巨大な門。高さは18.7㍍で重層、入母屋造、本瓦葺。見られなかったが、門正面の左右に阿吽の仁王像が2体、「二王像」が置かれる。

江戸時代初め、将軍徳川家光の寄進といい、同時期に建立された知恩院三門、南禅寺三門が禅宗様に対して、平安時代の伝統を引く和様で統一されているという。

参道を進み、中門をくぐって行くと右手に「五重塔」。江戸時代1644年に建立され、高さ36㍍。仁和寺のHPによると塔内部には大日如来、その周りに無量寿如来など四方仏が安置されている。

特別拝観で急いでいたので、二王門、五重塔にはちょっと足を止めて姿を眺めただけで、「金堂」に向かった。

きらびやかな金堂、おごそかな経蔵

金堂は、見るからに優美な建物だ。

堂内には本尊の「阿弥陀三尊」を安置し、周囲の壁面には仏教画が描かれている。堂内は撮影禁止だったので、入場券にあった阿弥陀三尊像で、きらびやかさがお伝えできれば。

 

寛永年間(1624〜43年)に、御所内裏(だいり)の紫宸殿(ししんでん)を移築した。現存する最古の紫宸殿であり、当時の宮殿建築を伝える建築物として、国宝に指定されている。

軒下、梁の先端は金で飾られ、瓦も独特な感じがした。紫宸殿は平安京内裏の正殿で、公事を行っていた。

金堂の隣にあるのが「経蔵」。ここも特別拝観できた。内部は撮影禁止。中に入ると、中央に大きな八角柱のタンスのようなものがある。回転式書架(輪蔵)で、各面に96箱、総計768の経箱に「一切経」というお経が収められている。

輪蔵は回転するという。1回回すと、収められているお経全部を読んだことになる。チベット仏教の「マニ車」と同じ功徳を得られるそうだ。壁面の菩薩像などの仏教画が素晴らしい。

めったに開けないからか、きれいに残っているだろうか。一角には釈迦如来、文殊・普賢菩薩などを安置している。厳かな空間だった。

朱印をいただいて、帰ってきた。翌日「仁和寺の法師」に代わって「石清水八幡宮」に行くことにした。法師が見逃した山の上の八幡宮に参拝してきた。

1994年登録

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。