ウラジーミルとスーズダリの白亜の建造物群(ロシア)

モスクワ~スーズダリ~ウラジーミル

モスクワ郊外に、古都が環状に並んでいる。「黄金の環」という粋なネーミングをされている環に2012年、行ってみた。
この環の中には世界遺産が2つあるが、その中の1つ(2都市)は白い建物が印象的だという。
モスクワからバスでスーズダリ(スズダリ、Су́здаль、Suzdal)に夜着いた。翌朝、あいにくの雨の中を出発まで散歩した。住宅や商店の建物はそう古い感じが受けなかった。前夜は気づかなかったが、いたるところに小さな教会が点在している。

それも白亜。さすが「白亜の建物群」といわれるだけはある。地図があったのだが、キリル文字に太刀打ちできず、いったんホテルに戻った。

黒土地帯の真ん中、キュウリ長者の街

まず、スーズダリの歴史や文化の勉強から。近郊から移築した木造建築博物館で時代物の民家などを見に行った。

スーズダリの木造博物館

スーズダリは1024年に初めて文献に名前が出ている古い街で「モスクワより古く、商人の街としてできたようです」とガイド。12世紀にはウラジーミル・スーズダリ公国の首都にもなっている。
モスクワ公国に入ってから宗教の中心地となったことで、教会や修道院がたくさんつくられた。
「ウラジーミルは鉄道を敷いたので街が発展しましたが、スーズダリは馬を重要視して鉄道を入れなかったので、中世のまま残ったそうです」(ガイド)。
ロシアの穀倉、黒土地帯の真ん中にある。「ソ連時代も個人の庭で作ったキュウリを売って、キュウリ長者といわれました」と、肥沃な土壌の恩恵があったらしい。
木造建築博物館をでて、前を流れるカーメンカ川にかかる歩行者用の小さな橋を渡ると「スーズダリのクレムリン(要塞、城塞)」に入る。


「ここがクレムリンの壁でした」というのは土塁。防御壁の役割はもう果たせそうもないが、この土塁で囲まれた場所が世界遺産になっている。
クレムリンというとモスクワだが、元々は城塞を意味するクレムリで中世ロシアの都市にはクレムリンがあった。なので「〇〇のクレムリン」という。
きれいな木造の教会がある。「ニコーリスカヤ教会」で、移築されてきたものだ。


先に行った木造建築博物館もそうだが、木の建物はなんとなくホッとする日本人は私だけではないだろう。木の板を細かく重ねたドームの細工が見事だ。

「クレムリン」に立つ白亜の教会

教会の後ろにある、青いねぎ坊主のドームを持つのが「ラジヂェストヴェンスキー聖堂」。クレムリンの主役だ。同じく白壁の「鐘楼」「府主教宮殿」が軒を連ねている。

スズダリ・ラジヂェストヴェンスキー聖堂

この聖堂は現存するスーズダリ最古の聖堂で、13世紀につくられた。上部は16世紀に立て直されている。
「ねぎ坊主の青は青空の青を表している」というが、雨空でちょっと残念。日差しを浴びるとたぶん、真っ白の壁とのコントラストが映えそうだ。

ラジヂェストヴェンスキー鐘楼

聖堂内には建設当時につくられた「黄金の門」という、金メッキの扉が残っている。金の板の上に描かれているのは聖書の場面だという。


800年ぐらいたって少しくすんでいるが、出来立てのときは相当豪華な光を放っていたに違いない。
「1枚だけ、メッキがはがれているところがあるのですが、巡礼者がみんな、そこを触って入ったからだといわれています」と、実際に扉として使われていた。


聖堂内は金色を多用したイコンなどで埋め尽くされている。

ねぎ坊主もそうだったが、聖堂の内部も「青」が印象的だ。ラピスラズリのような深くて鮮やかな青色と金色のコントラスト。


小さい聖堂ながら、内部の華麗さは大聖堂に引けを取らないというか、個性的な味がある。どこか、居心地のいい教会だった。正門から出たので、どうやら裏から入ったらしい。

男女の修道院は地下でつながっていた?!

次に向かったのは「スパソ・エフフィミエフ修道院」だった。赤い城壁をめぐらせており、クレムリンの土塁より、こちらの方が防御能力は高そうだ。


1352年に創設された男子の修道院。中には入らなかったが、教会が3つあるという。


壁に沿って歩き、カーメンカ川を見下ろす場所へ。対岸に「ポロフスキー修道院」がこちらも壁で囲まれている。

ポクロフスキー修道院

「向こうは女性用の修道院で、イワン雷帝の7人の妻のうち2人が送られています。こちらの修道院との間にトンネルがあって男女が行き来していたといわれています」とガイド。
バスで近くにも行ったが、こちらも高い城壁。どちらも閉鎖的なようで、実は開放的だったようだ。


雨がどしゃ降りになってきた。バスに戻り、街中を走ると、沿道の家の窓の見事さに気づく。「裕福な商人ほど、立派な窓をつくってアピールしたようです」という。建物に古さはあまり感じないが、窓には中世の雰囲気がにじみ出ていた。

国の宗教の決め方は?

スーズダリ市街で昼食を取りながら雨上がりを待った。食事が終わったころには雨は上がっていた。ただ、10月初旬とはいえモスクワ近郊は寒い。
バスの窓越しに伝わる冷気に、薄手のセーターにジャケットでは心もとない。察した現地のガイドが「これよかったら」とダウンジャケットを差し出してくれた。
スーズダリから、次の「白亜の建物」があるウラジーミル(Владимир、Vladimir)に着いた。車窓から見る街に中世の匂いはなく、りっぱな小都市の風情。ガイドの話の通り、かつて鉄道を受け入れた街と、馬を選んだスーズダリとは発展度が違ったらしい。
「黄金の門」の横でバスを降りる。やはり寒い。ダウンを借りてよかった。名前は黄金だが、白亜のこの門は凱旋門の役割があったそうで、キエフにあった黄金の門をモデルに12世紀に作られた。かつてあった城壁の門の1つで、いまは門の周りが道路になっていて車が行きかう。

ウラジーミル・黄金の門

聖堂広場で再度バスを降り、プーシキン公園の中を通っていくと、丘の上の展望台のような場所に着く。ここからウラジーミルの街並みが見下ろせる。同じように街を見下ろしている銅像は「ウラジーミル公」。
ガイドは「最初の街は990年にウラジーミル1世(キエフ大公)がつくったとされています。大公はいくつかの国をまとめるために宗教を1つにしようとした。イスラム教も考えたのですが、酒と豚肉がだめというのはこの国に合わないのでキリスト教にしたそうです」と説明した。


ガイドブックなどによると、この街はキエフ大公国のウラジーミル2世・モノマフ大公が12世紀初頭に築いた要塞に始まり、孫のアンドレイ・ボゴリューブスキー公の時にはウラジーミル・スーズダリ公国の首都、そしてキエフ大公国の中心になったという。
像がどっちのウラジーミルかガイドに聞き忘れたが、モノマフ公だと思う。同じような名前の人が多いので分かりにくい。いずれにしろ、かなりの歴史があるのは確かなようだ。

白亜の聖堂、壁面の模様に注目

その展望台のすぐ隣が「ウスペンスキー大聖堂」。これもキエフのソフィア大聖堂を意識してつくられたといい、1158年から建設が始まった。


「アンドレイ公がこのあたりに来たときに馬が止まってしまったので、妻がこの場所につくることを勧めたそうです」(ガイド)という。
黄金の丸屋根を持つ聖堂が5つと鐘楼。白い石灰岩でつくられている。大きいので、なかなか5つのドームを入れるように写真を撮るのは難しい。
モンゴルの侵入を受け、モスクワに権力が移る15世紀ごろまで、ここがロシアの宗教の中心地だったという。国の宗教をキリスト教に決めただけのことはある。


近づいていくと、鐘楼の壁のデザインが気になってくる。こちらに笑いかけている人の顔のようにしか見えなくなってきた。


聖堂自体の壁面の彫刻は少ない。「偶像崇拝ができなかったので、彫刻はライオンとマリアしかありません」という。


残念ながら曇っていたが、日の光で壁面の白さが際立つのだろう。「ロシア各地にあるウスペンスキー聖堂は、この大聖堂のコピーだといわれています」という。内部は宗教画が描かれているという。

プライベートの教会は彫刻だらけ

トイレ休憩で博物館に寄って熊や狼の剥製にお目にかかった後「ドミトリエフスキー聖堂」へ。ここは、アンドレイ公の息子のフセーヴォロド公によって、12世紀末に建てられた。


「ここはプライベートな教会だったので、壁面にたくさんの彫刻で飾ってあります」とガイドが言うとおり、壁面にはびっしりを彫刻が施されている。旧約聖書に出てくるダビデ王が目立つ。


そのほかにもソロモン王やアレクサンダー王らも描かれているという。「ライオンは職人もみたことがなかったので、ネコのように描いています」という。

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。