姫路城(日本)

伊丹空港~姫路城

「白鷺城」は2015年3月に平成の大修理が終わり、「大天守」は真白な姿になった。大修理後の姿はこれから見られるだろう、ならばその前の姿を見ておくのもいいかもしれない。そう思って本格工事に入る直前の2010年、行ってみた。

大改修前の姿は?

姫路城の横には巨大なクレーンが置かれ、大天守を覆う準備が行われている最中。まだ、全体が見られた。

伊丹空港でレンタカーを借り、姫路城へは渋滞もあって2時間近くかかった。姫路駅からはバスもあり、歩いても20分ぐらいだという。
駐車場から城に向かって歩いていると、同じ「昭和の姿を」と思っている人が意外とたくさんいた。平日だったが登城する人は多く、入口で大天守に登るのは1時間待ちと言われた。
「内曲輪」の本丸にある大天守とそれを囲む3つの小天守を目指した。曲輪は区画のことで、建物や塀、堀などで区切られている。
まず「菱の門」という立派な門をくぐった。

菱の門

大天守まで曲輪はたくさんあり、つながる道も曲がっていて、度々門をくぐる。それら小さな門には「いの門」「との門」など「いろは」がつけられている。
大天守や小天守、櫓をつないで内部を通る廊下のような「渡櫓」という建物にも「イロハ」がついている。

かつて、登城する人は「い門と、に門を通ってホ渡櫓に入って」などという感じで道順を覚えていたのだろうか。
見上げると道々、大天守が見え隠れするが、たどり着くのはちゃんと「順路」を通らないと着かないかもしれない。城なので、攻め入ってきた敵に迷ってもらわないといけないので当然か。
そうこうしているうちに、大天守に登る行列の最後尾に着いた。

防御の仕組みがよくわかる

ゆっくりと列が進むので、周囲を見る時間がたっぷりある。建物や塀の壁は、白いしっくいで塗り固められ、さすが「白鷺城」。少しくすんでいるのは主にカビなのだという。


白壁のところどころに四角い穴が開いている。「狭間(さま)」という矢や鉄砲の射撃用の穴で、城全体で1000近くあるという。
壁に隠されるように「石落とし」も随所に設置されている。ここから敵に向かって石を落とした穴だ。

壁に空いた狭間と石落とし(右)

ただ、それら防御設備も城の景観を損ねないようになっているところが、美意識なのだろうか。
軒瓦には家紋が施されていて、やはり池田家の「揚羽蝶」が多い。機能と美観を兼ね備えている。


姫路城の成り立ちや構造など詳細は他に譲るとして簡単に。築城は14世紀半ばが有力。1600年の関ケ原の戦い後に城主になった池田輝政の大改修で、現在のような大天守を持つ壮麗な城になった。

明治の廃城令や第2次大戦での空襲などの危機をくぐり抜けてきた。天守が現存している「国宝五城」(当時四城、他に彦根、犬山、松本、松江)の1つになっている。そんなことをパンフレットなどで読みながら、いよいよ大天守へ。

上りながらゆっくり見て行こう

大天守に登る階段は、上り下りが一方通行で違う階段を使うので、見逃したら帰りには見られないのでご注意を。後ろの人を気にしつつ、ゆっくり上りながら見て行こう。


各階には当時の調度品などが置かれてはいるが、意外と殺風景。城として使われていた時とは違うのは当然だが、不要なものはあまり置かなかったのだろうか。
外で並んでいるときに見た石落とし用の穴や狭間の内側や、城を支える東西の「心柱(大柱)」やりっぱな梁も見逃さないようにしたい。

現在の城を支える西大柱

柱と梁の様子がわかるミニチュアの姫路城も置かれていた。


窓から見る景色もごちそうになるので、見られる窓があったら近づいた方がいい。下をのぞくと、櫓と渡櫓の連なりや、改修工事の準備の様子なども分かった。屋根に取り付けられたしゃちほこなども間近に見られる。


最上階は柱がない造りで、姫路城の守護神「刑部明神」が祀られ、人でごった返していた。大天守最上部からの眺望は、曇り時々雨の天気だったので少々かすんではいたが、晴れたら絶景なのだろう。

怪談「皿屋敷」の舞台

大天守を下り、内曲輪内を歩いた。「お菊の井戸」という怪談話「播州皿屋敷」の舞台。番町皿屋敷と同じように、大事な皿を隠されて主人に責め殺されたお菊という娘が捨てられた井戸で夜な夜な皿を数える怪談だが、しっかり囲いがされた井戸がムードを高めている。
そのほかにも江戸時代から現存するだけあって、いろいろな逸話や伝説があるそうなので、興味のある方はここに来て確認を。

お菊の井戸

出口を出て、三の丸公園へ。一角に、1935年から第2次世界大戦の中断をはさんで1964年まで行われた「昭和の大修理」の際に交換した、元々の西心柱(大柱)を保存してある。
城を支える心柱(大柱)は巨木を利用している。日本に巨木が少なくなっているので、修理の際に柱探しが大変だったという。

旧西心柱

公園から見える姫路城の姿が美しい。平成の大修理が終了した際、ニュースで見たが、行った時とは全く違う「白一色」の城になっている。創建時の色なのだろうか。
ちょっとくすんだ「白鷺」だったが、これもまた風情があった。次は真っ白な「白鷺」に会いに行きたいものだ。

1993年登録

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。