デリーのクトゥブ・ミナールと建物群(インド)

デリー~クトゥブ地区

約1700年、錆びない鉄柱がインドに立っている。中学生のころに本で読んでずっと気になっていた。2016年、行ってみた。
デリー市街、と言っても市街地のどの辺かはよくわからなかったが、街中のホテルから車で1時間ほど。公園のようなところが、クトゥブ・ミナール(Qutub Minar)の遺跡だ。駐車場から歩いていくと、すぐに高い尖塔が見えてくる。

インドで初めてのイスラム王朝

現在のインドはヒンドゥー教の国だが、イスラム教徒によって統一された時期がある。最初が「奴隷王朝」時代、11世紀のことだ。その時の王が奴隷階級の軍人だったアイバクで、北インドを統一して王朝をたてた。
何回かに分けてこの地区の建物が造られ、大半は崩れてはいるが長方形の城壁に囲まれていた。庭園を通ってすぐのところに、石積みの「クワット・アル・イスラム・マスジッド」がある。


このあたりには元々、ヒンドゥー教とジャイナ教の街があったという。アイバクは、それら27の寺院を壊し、石材を再利用してインド最古のモスク(マスジッド)などを建てた。

残っている回廊の中を通る。柱にしろ、壁や天井にしろ、なにげに危なっかしい。「ヒンドゥーの石材を使って柱を立てたので、模様はヒンドゥー」とガイド。


イスラムの彫刻ではなく、ヒンドゥーの彫刻のうち、偶像を除いた石材を使っているそうで、そういわれると列柱の模様に統一性がない感じがする。
回廊の横に、マスジッドとして使われていたと思われる建物が建っている。観光客が出入りしていた。

世界最大級の赤い尖塔

マスジッドにすぐ横の立つ塔が「クトゥブ・ミナール」。世界最大級のミナレットだ。ミナレットはモスクに必ずと言っていいほどあり、教徒に礼拝を呼びかけるための塔だ。


確かに高い。「72.5㍍あります。今は5層ですが、できたときは7層でもっと高かった。100㍍ぐらい。上2層は地震で落ちた」とガイドはいう。


塔の壁面がおもしろい。レンガのようにした赤色砂岩を積み上げているが、第1層は細い円柱と三角柱(四角柱?)を交互に束ねたような感じで造っている。


途中に彫刻が施された部分が帯のように巻かれ、人が通ると思われるバルコニー(?)部分までが1層。これが、上に行くにつれて細くなっていって5層ある。
第2層は円柱、第3層は三角柱と、外壁のデザインがおしゃれだ。


アイバクがインド入りを記念して1層目を造り始め、その後3層目まで3代目のイルトゥミシュが造ったという。ここまでは赤色の砂岩で、その上の層は白っぽい石が使われ、別のイスラム王朝によって1368年に完成したとされる。


彫刻部分はアラビア文字でコーランが刻まれている。内部には階段が379段(369段とも)あり、かつては登れたが、転落事故があってから登れなくなったというので残念。


地盤沈下ですこし傾いているということだが、見た目にはよくわからなかった。いずれピサの斜塔のようになるのだろうか。

門外にあるイスラム建築の霊廟

クトゥブ・ミナールの横に「アライ・ダルワザ」という立派な門がある。入ったのは城壁の内側なので、外からの訪問者にとっては出口。門の中は広いのだが、閑散としていた。


門をくぐると、城壁部分の外に出る。こちらが訪問客にとっては入口になる。だからだろうか、装飾がきれいだ。


すぐわきに壁面がきれいな彫刻や装飾で飾れてている建物がある。「イマーム・ザミン廟」といい、16世紀のムガール帝国時代の王の廟だ。


奴隷王朝時にヒンドゥー教の建物を再利用して大急ぎで造ったマスジッドなどとは違って、たぶんじっくり造ったのだろう。窓にはめられた格子の模様などがイスラムの技術でかなり精緻だ。


外に出るとアライ・ダルワザの上部にはイスラム建築らしいドームが載っているのがわかる。廟が「門外」にある理由は分からなかった。


城壁の外、クトゥブ・ミナールを右に見て進むと、石造りの街が現れる。今はほとんどが崩れかけていて、屋根もないが、建物が密集していたのはわかる。
「ここが大学だったところです」とガイドがいうが、どこが大学でどういう建物だったのか、イメージもわかないほど壊れてはいる。隣に「アラー・ウッディーン廟」という14世紀の建物も残っている。

壊れた大学などの建物群

きめ細かい彫刻の廟やジャイナ教建築

街の廃墟を通り過ぎると「イルトゥミシュ廟」にでる。


3代目の王で、さすが奴隷王朝と言われるだけに、初代アイバクの後継者で奴隷の軍人だったという。白い大理石の立派な石棺を見ると、当時の奴隷という階級の位置づけがよく分からなくなる。


その背後の赤色砂岩の壁の一角だけ、唐草模様や幾何学模様の精緻な彫刻で縁取られた白い大理石の窓か門のようなものがある。
「ミヒラーブです」とガイド。モスクにある聖地メッカ方角を示すものだが、廟にも造ることがあるらしい。インドに残る廟としてのイスラム建築では最古のものだという。


クトゥブ・ミナールの方へ戻る。少し毛色が変わった建物の遺跡が目立つようになる。


「ここはジャイナ教の建築物です」とガイド。ヒンドゥーの彫刻とは違って細かいのが特徴だ。アクバルはすべてを破壊したわけではなさそうだ。


ジャイナ教の詳細は他に譲るが、紀元前6世紀ごろにマハ・ヴィーラを始祖として始まり、インドに根付いた禁欲主義の宗教。カジュラホなど他の宗教遺跡にもきれいな彫刻の建造物などを残している。


門らしい遺跡が残っているが柱や梁にはびっしりと彫刻が施されている。赤色砂岩なので細工はしやすいのだろうが、ヒンドゥーやイスラムの彫刻とは一味違う。


奴隷王朝も、この彫刻のある建物にはあまり手を付けなかったのだろうか。ヒンドゥー教の建物は見ていないが、ジャイナ教建築はけっこう残っている感じがした。

1700年錆びないオーパーツ

さて、いよいよ子供のころから見たかった「鉄柱」へ。ジャイナ教建築の門の前に立っていた。高さ7㍍。クトゥブ・ミナールの72.5㍍を見た後なので高くは感じなかったが、目的のものに出会えた。


鉄柱の記憶が鮮明なのは、たぶん宇宙人や超古代文明といった類の本で読んで、、現代でも作るのが難しい純度99%以上の鉄でできている、と知って驚いたからだ。それが錆びない理由だという。


これはオーパーツと呼ばれる。発見された場所や推定される年代にまったくそぐわない物で「out of place artifacts」を略して「OOPARTS(オーパーツ)」。縄文時代の遺跡から電球が出土したらおかしい、ということだ。


造られたのは4世紀ごろだという。そんな純度の鉄がその時代に造れるはずがないということでオーパーツの仲間に入っている。最初に立てられた場所はここではないかもしれないといわれる。
以前は触ることができたそうだが、今は囲いがされている。よく見ると、錆びも出ている。錆びないはずでは?
手が届かない上の方は錆びていなかったので、たぶん人がさんざん触ったためにいらない成分が付いて錆が出るようになり、立ち入れなくしたのだろうと解釈した。

崩れ落ちそうな未完の塔

最後に「アライ・ミナール」を見た。大きな円柱が建っているのだが、これはクトゥブ・ミナールの約2倍の大きさの塔を作ろうとして途中でやめたのだという。


14世紀初めの王アラー・ウッディーンが建設を始めたが、暗殺されたために約27㍍までいったところでとん挫した。ウッディーンは奴隷王朝を倒した王朝の2代目の王。前王朝より大きく「倍」にしようとした気持ちはわかる。
出来上がっていたら高さ150~200㍍になったのだろうか。今にも崩れそうな感じに見えた。

1993年登録

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。