リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔(ポルトガル)

リスボン~ジェロニモス修道院~発見のモニュメント~ベレンの塔

「大航海時代」という世界地図が出来た時代があった。大西洋に乗り出した欧州の国々の中でも、日本とは関わりの深い国がポルトガル。その首都に、大航海時代に築かれた巨大な修道院がある。2015年、行ってみた。
リスボン(Lisboa)は、大西洋に面しているかと思ったら、そうではなかった。大西洋に注ぐテージョ川の河口というか、入江というか、につくられた街。ベレン地区という川に面した西側に、ジェロニモス修道院(Mosteiro dos Jerónimos)が「堂々と」という感じで建っていた。


その威容もそうだが、外壁に刻まれたおびただしい彫刻に見とれていると「ミサとミサの間で、今なら中に入れるそうです。時間がないから急ぎましょう」とガイド。ちょうど日曜にあたってしまったので、中には入れないと言われてきたが、ついている。急いで彫刻だらけの入口から中に入った。

航海の記録を伝える修道院

入ったところが「サンタ・マリア教会」だった。細長い空間で、修道院全体の奥行は400㍍以上あるという。
柱が林立しており、高さは約30㍍。天井の装飾が目に付く。どこかで見たような感じだと思ったが、スペイン・バルセロナ郊外にあったガウディのコロニア・グエル教会に雰囲気が似ている。3倍以上の高さはあるが。

ジェロニモス修道院サンタ・マリア教会

柱と天井の彫刻で、ヤシの木を現しているという。ガウディも柱を樹木に見立てていた。薄暗い教会内、急ぎ足の上、フラッシュ禁止で写真映りが悪いのはご勘弁を。


ガイドが早口で柱に描かれた彫刻を説明してくれた。この修道院は、全体で「世界の情報」を彫り留めて(?)いるのだという。
船には欠かせないロープの彫刻が修道院のシンボルでそこら中にある。そして、航海で持ち帰った世界中の情報を、後に行く航海者たちのために柱や壁に彫刻として残した。
「魚、胡椒、ひょうたん、どんぐり、海藻など、さまざまなものが描かれています」と柱を示しながら説明されたが、彫刻が複雑すぎてどれがどれだか。


わかったのは、航海者たちが出会ってきたインディオ、黒人、東洋人などさまざまな人種の彫刻。デフォルメされてはいるが、特徴を押さえている。写真がなかった時代、特徴だけが記憶に残って強調されたのだろうか。


ジェロニモス修道院は16世紀初め、ヴァスコ・ダ・ガマ(Vasco da Gama)がインド航路を開いたことを記念して、マヌエル1世(Manuel I)によってつくられた。
ガマが航海に出発したのは1497年。アフリカ大陸西側伝いに喜望峰を回り、インド洋へ出てインドに到達し、2年後に帰国した。
その前にはポルトガルに資金援助を断られたコロンブスがスペインから航海に乗り出して米大陸(海域)に到達している。

建設資金はインドの胡椒

詳細は他に譲るとして、ガマが開いたインド航路による交易、特に胡椒はポルトガルに莫大な利益をもたらした。大航海時代のハイライトでもある。
といっても、これは航海に乗り出した方の見方で、やってこられた方にとってはその後の植民地時代などを考えると迷惑だったかもしれない。大航海時代に対する歴史的評価も変わりつつあるようだ。


マヌエル1世は「ペッパーキング」と呼ばれた。その資金でこのジェロニモス修道院は建てられた。窓にはステンドグラスが多数ははめられていて、マヌエル1世、ガマ、修道院の名前になったマヌエル1世の守護聖人ジェロニモスらが描かれている。

ステンドグラスにあるマヌエル1世やバスコ・ダ・ガマの姿

また、壁面の彫刻もキリストや聖人たちが描かれている。「世界情報彫刻」と合わせて「16世紀の資料館」と呼ばれているそう。独特の建築様式を「マヌエル様式」という。ポルトガルに富をもたらしたガマの柩が教会内に安置されている。


短い時間しかなかったが、修道院の一部の教会だけでもうならされる。さらに中に行くと、中庭、それを取り囲む回廊が見所になっているという。
「残念ですが、その時間はありません」とガイド。ミサの始まる合図があったようだ。外に出て、あらためて外壁の彫刻群を眺めてみた。

大航海時代の人物目白押しのモニュメント

ジェロニモス修道院を出て、公園のようなところを抜けてテージョ川河岸に出ると、大きな塔が立っている。「発見のモニュメント」という。
エンリケ航海王子(Infante Dom Henrique)の没後500年を記念して1960年に建てられた。世界遺産にはなっていないが、ジェロニモス修道院、そしてこれから向かう「ベレンの塔(Torre de Belem)」と関わりがある。

発見のモニュメント(西側)

高さ52㍍。カラベラ船という当時の最新船を手にして、ポルトガルが大航海時代に乗り出す雰囲気を現している。塔をはさんで東側、西側に16人ずつの人物像が置かれ、先頭にいるのがエンリケ王子。15世紀前半に航海者、探検家を援助し、アフリカ西海岸の航路開拓に送り出した。

発見のモニュメント東側

大航海時代の先駆者的存在だ。航海王子といいながら、ひどい船酔いをするため、本人は船に乗らなかったという。
東側にある人物像のエンリケ王子から2番目がヴァスコ・ダ・ガマ、5番目が世界一周を成し遂げたマゼラン(ポルトガルの人だがスペインの援助で出港)、後ろから2番目が日本にキリスト教を伝えたフランシスコ・ザビエルと、知っている人物もいる。

エンリケ航海王子を先頭にした像

西側には後ろから2番目にただひとりの女性、エンリケ王子の母が航海の無事を祈る姿で描かれている。


面白いのはモニュメント前の広場の床に描かれたモザイクの世界地図。ポルトガルが世界の国々を「発見」(到達)した年代が書かれている。
日本到達は1543年に種子島にポルトガル船が漂着して鉄砲をもたらしたと歴史で習ったが、こちらの地図には豊後(大分県)に漂着した1541年を記している。

右上に日本発見(?)として1541年の記述

大航海時代、先を、先を、目指していく様子がよくわかる。エンリケ航海王子が開いた大航海時代が、16世紀のジェロニモス修道院やベレンの塔が建てられたマヌエル1世の時代に最盛期を迎える。

航海に出る船乗りが最後に見る塔

さて「ベレンの塔」。そこから歩いて5分ぐらいのところにある。テージョ川に突き出すようにつくられた塔で、要塞や灯台、そして牢獄の機能があったという。
航海に乗り出す船を見送り、無事に帰ってきた船を迎える。航海者にとっても、故郷の最後の景色かもしれず、必ず戻ってくるという心の拠り所になった。
こちらもマヌエル1世によって1515年に建てられ、ヴァスコ・ダ・ガマのインド航路開拓の記念だったという。


ガマの航海では約150人で出発して、帰国したのは55人だったというから、航海が命懸けだったことは確か。中でもビタミン不足による壊血病が死因の多くを占めていたという。


内部にも入れるのだが、日曜日で長い行列ができている。午後からシントラという街に行く予定があったので、外観をぐるっと眺めることにした。
ジェロニモス修道院同様のマヌエル様式で、壁面の装飾にはロープの彫刻がたくさん描かれている。


3階が王の間、2階が要塞、そして1階は水牢になっている。テージョ川の河口で潮の干満があるため、それを利用した牢獄だった。大砲が水面から少し上に設置されるように銃眼が開いており、いわゆる水平射撃が可能になっているという。


リスボンは1755年、リスボン大地震に見舞われた。マグニチュード9というから巨大地震で、15㍍の津波にも襲われ、街の9割の建物が崩壊。人口の5分の1が亡くなったという。
海に近いこのベレン地区は津波の直撃を受けたが、ジェロニモス修道院とベレンの塔は、損壊したものの生き延びた。大航海時代に大西洋に乗り出した航海者の強い意志と魂が宿っているのだろうか。

1983年登録

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。