朝鮮王陵(韓国)

ソウル駅~宣陵駅~宣陵~靖陵

李氏朝鮮王朝の陵墓40基が世界遺産に登録されている。ソウル市内にもあるというので2014年、行ってみた。
ソウル駅から地下鉄マップを見ながら「宣陵駅」を目指した。ソウルの地下鉄は表示や駅ごとのマークが分かりやすい。。1984年にソウル五輪事前取材で行ったときに、新しくできた地下鉄を取材したことを思い出した。30年たって路線もかなり増えている。
無事降りられたのだが、地上に出たらビル街に囲まれてどっちに行ったものか。徒歩5分、ガイドブックの地図を頼りに歩き始め、勘が良かったのか、意外と早く見つかった。都会の真ん中、ぽっかりと公園のようになった一角が「宣陵 靖陵」という王陵群だった。

土を盛った墓に石像が整然と並ぶ

事務所のようなところがあって、日本語のパンフレットをもらい、鳥居のような門をくぐっていくと、こんもりとした、円墳のような陵が見えてくる。


丘を上っていくと、上は平らになっている。右手に石で土留めをしたもう1つこんもりした土盛りがある。これが陵墓なのだろう。
墓の前は広場になっていて、人物、動物の石像が並んでいる。宣陵は、朝鮮王朝第9代王の成宗の陵墓。韓国ドラマにもよく登場するらしい。


パンフレットによると、1469年に13歳で即位し、税制度を改めたり、多くの書籍を編纂させたりと、業績があった王の1人。ソウルにある5古宮1つ、昌慶宮を造った。

墓づくりには一定のルールがある

朝鮮王陵は、日本でいうと時代は違うが天皇陵といえばイメージがわきやすいだろう。天皇陵にも「前方後円墳」とか「円墳」とか、造り方があるように、朝鮮王陵にも一定の「ルール」があるということが、パンフレットに記載されていた。
寮母の上から見て、まず最初にくぐった門は「紅箭門」という。神聖な区域がここから始まる。そこから石を敷き詰めた参道が伸びている。


参道はセンターラインで分けられ、左は神が通る神道で少し高くなっていて、右は王が通る御道になっている。
「丁子閣」という祭祀を行う建物に通じている。周囲にいくつか建物があり、ここまでを「祭享空間」という。陵墓の前の広場にあった石像。配置にも規則がある。

武人石と石馬

下階に武人石と石馬が左右に1体ずつ、中階に文人石と石馬が同じく置かれ、真ん中に長明塔が立っている。
上階には陵墓の前に「魂遊石」などが置かれ、石虎と石羊が陵墓の左右に2体ずつ。屏風石、地台石、満石、裳石、欄干石などの名前がついた石で周りを囲んだ土盛りは「陵寝(陵上)」といい、ここに埋葬されている。

文人石と長明塔

目の前の陵墓や来た方向を振り返って見ると、確かにルール通りになっている。

市民の憩いの場が王陵のある公園

宣陵を降りてまた丘を登っていくと、成宗の王妃貞顕王妃陵がある。どうやら王と王妃の陵を合わせて「宣陵」と呼ぶらしい。こちらも、ルールに則って石像が配置されている。

宣陵貞顕王妃陵

このあたりは、公園になっているようで、木陰で休む人やウォーキングをする人などがいる。入場料は1000ウォン(100円ぐらい)だったから、休み時間を過ごすにはいい空間なのだろう。


森の中を歩いて、左手にまたこんもりした丘が見えてくると、開けたところに出る。公園はけっこう広い。「靖陵」の横に出た。そのまま歩いて、正面から入る。


まず紅箭門があり、石畳の道がまっすぐ伸びて、丁子閣につながっている。丁子閣の横には「碑閣」という石碑が収められた小さな建物。丁子閣の向こう正面に陵墓のある「陵寝空間」が広がっている。こちらは丁子閣から先には入れない。

500年以上荒らされなかった墓

この陵は成宗と貞顕王妃の間に生まれた第11代王中宗の墓。1506年に即位した。韓国ドラマ「チャングムの誓い」(日本版)に出てくるので名前を知っている方も多いだろう。
3人の王妃がいたが、別々の場所に祀られたので、1人だけここに眠っている。単陵なので、教科書通りの配置が見られる。


紅箭門に戻って、丘の上を見渡した。陵墓やそれを取り巻く武人、文人、動物たちの石像がきちんと残っているのが遠望できる。先に見た宣陵よりも規模は大きい。


王と王妃の墓である陵は42基ある。北朝鮮にある2基を除く40基がソウルと近郊に点在している。いくつかがまとまってあるところもあり「東九陵」「西五陵」など、電車でもいけるところも多い。
15世紀初頭から約5世紀にわたって築かれ、儒教の理念で厳格に管理されていたことで初期のものもほとんど損傷を受けず、墓荒らしにもあわず、同じ姿で残っているという。
エジプトをはじめ、墓荒らしで貴重な副葬品などが散逸するところは多い。世界的にも珍しいという。

2009年登録

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。