ハバナ旧市街と要塞(キューバ)

ハバナ~モロ要塞~旧市街

2015年、オバマ政権下の米国とキューバは54年ぶりに国交を回復した。しかし、2016年11月、キューバのフィデル・カストロ氏が死去した際に、トランプ時期米国大統領(当時)が「残忍な独裁者」と批判し、大統領就任後はオバマ政権のキューバ政策の見直しを行い、世界中から批判された。この人は前の政権の政策を正否の判断なしになんでもひっくり返そうとするらしい。
新聞社にいた当時、アマ野球の日本との親善試合取材などがあり、まだ政治的には対立関係にあったキューバの首都ハバナに1992年、行ってみた。
マイアミを飛び立つと、キューバの島はすぐに見えてくる。それほど両国の距離は近い。降り立ったハバナ空港、当時は国際空港とはいえ、施設からいえば日本の地方空港よりこじんまりしていた。
タラップを降り、徒歩で空港ビル(といっても平屋に近い)へ。写真は撮れなかった。国交回復より先に観光には開かれたようなので、今はもっと大きくなっているだろうか。

監視役に連れられての観光

ホテルに運ばれると、ロビーで若い女性が2人、話し掛けてきた。1人はスペイン語のみ、1人は英語も話す。
体制が違う国から来た記者には車付き(ガソリン代は別)でこうした「監視役」がつくらしい。国家公務員の「コーディネーター」だが、スペイン語の女性の方が取材の担当らしく、英語の女性に取材希望を伝えるとその場で連絡を取り、ほぼその通りにしてくれた。
仕事の手際は早かったが、取材が決まると、今度はその空き時間に観光や食事などスケジュールがこちらの意思とは関係なく決められていった。自由時間はあまりなさそうだ。
というより、外国人専用なのか、ホテルは繁華街から離れた海岸にあり、車が帰ってしまうとタクシーもいないし、バスもなさそうなので籠もるしかない。ホテルの周りには街灯も少ない。あまり外を歩かれたくないのだろうかと感じた。写真を撮っていい場所とだめな場所の区別もよくわからなかった
滞在中に連れて行かれた中華料理店にはりっぱなメニューがあったが、その中で作れる料理は数種類だった。米ドルしか使えず、現地通貨に初めてお目にかかったのは、ホテルでファクス代を支払い、硬貨でおつりをもらったときだった。今はもっと便利だろうか。

カリブ海最強の要塞

野球を始め、バレーボール、陸上、柔道、ボクシングといったキューバが強かったスポーツの取材については省く。連れていかれた観光地に、世界遺産があった。
ハバナ市街の海岸道路を走り抜け、着いたのが世界遺産の4つの要塞のうち「モロ要塞」だった。フィルム時代でネガ(と言ってもわからない人がいるかも)の状態が悪く、写真画質は御容赦を。


キューバは、1492年にコロンブスが到達した島。行った年はそれから500年だったことになる。だが、街中にはそんなお祭りムードはまるでなかったので、いたときは気が付かなかった。
いまでこそ「到達」が使われるが、当時は「発見」という言われ方をされていたので、祝う気もなかったのだろうか。


ハバナは、公用語のスペイン語では「ラ・アバナ」。16世紀初頭にスペイン人が移り住んだのが始まりだという。
16世紀から17世紀にかけて外敵の侵入を防ぐためにハバナ湾の入り口を守っていたのが「カリブ最強」といわれたモロ要塞と対岸のプンタ要塞。モロ要塞は保存状態がいいそうだ。
当時のものかはわからないが、赤茶色にさびた大砲が湾に向けて備え付けられている。要塞内部に入ると、銃眼のような穴があり、青い海がのぞく。


対岸にハバナ市街が広がり、空もどこまでも青く澄んでいる。社会主義国家ながら、さすが「カリブの真珠」と呼ばれる街だ。
時折「写真、撮りましたか」と聞かれる。ここは撮るところらしい。スポーツ取材の時も「ここは撮ってください」などと言われた。ただ、要塞についての詳しい説明はほとんどしてくれない。

タイムスリップした旧市街

ハバナ旧市街に戻る。17~18世紀ごろの建物がその当時のまま残されている。スペイン・コロニアル(植民地)様式といい、光を取り入れる白い壁、瓦屋根、中庭が特徴という。
旧市街には独立戦争やキューバ革命でも残り、いまも使っている建物がほとんどだった。石造りの建物群の中で、目立つのが教会「カテドラル」で、その前にカテドラル広場が広がっている。
大きな教会の建物は、周りの景色にぴったり収まっているが、ちょっと違和感がある。よく見ると、聖堂前にある塔の大きさ、形が違う。左右対称につくられそうなものだが、できた時代が違うのか、役割が違うのだろうか。


そこから少し路地を入っていくと、不思議な、タイムスリップした気分になる。映画でしかみたようなことがない、1940~50年代の米国製「クラシックカー」が、普通に止めてある。


塗装が薄くなっているほか、外観上もだいぶガタはきている。「部品も自分たちで作っているんです」と、大切に使っているとそうだ。ガソリンが高いため、止めたままの車も多く、街中が自動車博物館のようで、こちらも世界遺産級だった。もう4半世紀前の話、今も街を走っているだろうか。

できたてキューバ葉巻

街を歩いていると、道端に机のようなものを出して、キューバ特産の葉巻づくりをしている光景が目に入る。おじいさんがテーブルにでかい葉をドサッと置いて、1枚1枚、丁寧に巻いていく。
つい立ち止って「葉巻」になっていくところに見入った。巻き上がると、見ているこっちにニヤリと笑いかけてきた。こんなりっぱな葉巻は吸ったことがなかったこともあって、ついその笑顔に吸い込まれるように1本買ってしまった。ドルを使わせる国家公務員の作戦は成功していた。


野球の親善試合ではフィデロ・カストロ国家評議会議長(当時)が球場に来るかもしれないといううわさが流れた。
どうしてわかるのか、球場にいた人にコーディネーターを通じて聞いてみたら「あれが飲めるから」という。小さな紙コップに砂糖たっぷりのエスプレッソ(たぶん)を無料でタンクから観客にふるまっていた。それが合図なのかもしれないと期待したが、残念ながら姿を見せなかった。最初で最後のチャンスだったのだが。

ヘミングウェイが通ったバー

夜、ホテルにこもらざるを得なかったところに、野球取材の途中で知り合った、ハバナ駐在の日本人が誘いに来てくれた。思わぬ助け舟に、連れて出してくれたのが「ボデギータ」というバー。ヘミングウェイがキューバ滞在中によく通ったバーだという。
ここで飲むのは、このバー発祥とされるラムをベースにしたモヒートだった。壁という壁はだれか分からないが、サインやイラストなど落書きでびっしり。トイレに入った時、思わず隅っこに名前を書いてきてしまった。

ボデギータ店内

 

1982年登録

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。