琉球王国のグスクおよび関連遺跡群(日本)

首里城~園比屋武御嶽石門~玉陵~斎場御嶽~中城城跡~勝連城跡

いまどきの大学卒業旅行はやはり海外に行くのだろうか。北海道に生まれ育った当時は、沖縄が十分「海外」だった。西表島に行こうと思い、夜行列車を乗り継ぎ、道草をしながら九州を南下、鹿児島から船に乗って1982年、初めて沖縄に行ってみた。その後、仕事で何度か行っているが、2013年にせっかくなので世界遺産に登録されたグスクなどに、行ってみた。
82年当時、首里城はまだ復元されていなかった。建物の記憶はないので、確か守礼門だけしかなかった気がする。バスで降り立ったその守礼門も、色ははげていて、琉球切手で知っていた鮮やかな赤ではなく、ちょっとがっかりした覚えがある。

1982年当時の守礼門

そして今。首里城公園の1つとして、守礼門は鮮やかな赤で復元されていた。やっと期待のものに会った気分だった。


首里城は、14世紀につくられたといい、明治まで約500年間、歴代琉球王の居城だったが、第2次大戦の沖縄戦での艦砲射撃で破壊された。

色の再現に苦労した城の復元

カラー写真はもちろん、資料などが乏しい中での復元では、赤い屋根瓦の色の再現にも相当苦労したという。住民の記憶も色が黒だったり赤だったりしたという。そういえば、31年前に見た守礼門の瓦は黒っぽかったように思う。ちなみに世界遺産登録は「城址」で、復元された建物などは登録されていない。
破壊しておいて「その跡を世界遺産に」というのもなあ、とちょっと考えさせられる。そういった遺跡も世界には多い。「城址」の残っていた城壁の一部はそのまま使われている。
守礼門を通り、緩やかに上りながら歓会門を抜けると石段になる。瑞泉門、漏刻門をくぐると日影台という日時計がある。

日影台(手前)と北殿

そこから広福門を抜けると、首里城正殿にでる。真っ赤。これが往事の姿なのだろうか。正殿前には「大龍柱」が2本立っている。上部が龍の彫り物で、お寺でいう仁王像。阿形と吽形がいる。


正殿中に入った。正確には復元されていないとのことだが、玉座など盛時はこうだったんだろうな、というのは分かる。かつての写真や、琉球王朝の行事のときの人の配置を見せるジオラマなど、世界遺産に登録された地だけに展示などには見せる要素はある。


そうそう、各門をはじめ、主要個所には小さなスタンプが置いてある箱がある。ちょっと分かりにくいかもしれないが、パンフレットの地図に押していったら、すべてではないが13個ほど集まり、ちょっと達成感があった。夏休みに地下鉄駅のスタンプを押して回る子供の気持ちだろうか。


久慶門を出て、外の道に。首里杜館(首里城公園レストセンター)地下の駐車場に向かって歩きだすと、右手に見覚えのある建物が見えてくる。世界遺産の「園比屋武御嶽石門(すぬひゃんうたきせきもん)」という。31年前にももちろんあった。

1982年当時の園比屋武御嶽石門

こちらは、古さ加減も変わりなかった。まあ、そのぐらいでは変わりようがないだろうが。近くに琉球王家の別邸で、池を中心とした回遊式庭園を持つ「識名園」が世界遺産に登録されている。

2013年の園比屋武御嶽石門

歴代王の墓、葬送方法は?

首里城公園から5分ほどのところに「玉陵(たまうどぅん)」がある。これは建物ごと世界遺産。琉球王朝の第二尚氏の歴代王の墓になっている。
第一尚氏の重臣だった金丸が王座について尚氏を名乗り、尚円王となってからの系譜で、血縁が変わっている。この系統が明治新政府になるときまで琉球を治めていた。
玉陵は1501年に、尚真王が父尚円王の遺骨を改葬するためにつくったという。内部は見られないので、まず展示室で成り立ちや系譜、葬儀(納骨?)や内部の写真などをみてから現物を見たほうがいい。


玉陵は、3つの建物からなり、真ん中の中室は、遺体を安置したところ。遺骨になると洗って左の東室に王と王妃、右の西室に一部の家族の遺骨が納められるという。

玉陵の東室

ここも第2次大戦で破壊されたが、1974年から3年かけて修復された。建物の上に見張り番のように立っている獅子像が、なんとなくユーモラスな表情で見下ろしている。

玉陵の西室

女性だけが入れた霊場

31年前は守礼門を見て、夜出航の宮古島行きの船に乗った。今は、レンタカーという強い味方があるので、夕方の航空便までの時間、島内を回った。
「斎場御嶽(せーふぁうたき)」に向かった。「御嶽(うたき)」は、琉球王国の祭祀を行った聖地の総称で、主に自然の中にあり、男子禁制だった。
沖縄本島や他の島々に多くの御嶽があるが、その中で最高の聖地とされるのが斎場御嶽。琉球開びゃく伝説にかかわり、神の島とされる久高島を間近に見る丘にある。
ここでは祭祀をつかさどるノロという祝女の中でももっとも位の高い「聞得大君(きこえおおきみ)」の就任の儀式が行われた。そういったことが、入場口の展示室に書かれているので、丘を登る前に知っておいたほうがいいだろう。発掘された金の勾玉や銭貨も見られる。


拝所への道は、土砂災害があったようで、道が一部閉鎖されていた。「御門口(うじゅうぐち)」から続く石畳は土嚢で補修されていた。けっこうな上りが続き「大庫理(うふぐーい)」という最初の拝所がある。
斎場御嶽一帯は、いわゆる「パワースポット」。林の中、岩壁の前に石の畳のような祈りの場(うなー)。ここで1人祈っていればかなりパワーがもらえそうな気がしてくる。

大庫理

パワースポットの雰囲気を味わう

大庫理から左へ曲がる道を行くと「寄満(ゆいんち)」に。ここも岩が主役のようで「豊穣に満ちた場所」という意味らしい。

寄満

道には小さな案内板があり、見所には解説板もあるので、見ながら歩こう。ちょっと戻って別の道を行くと「シキヨダユルとアマダユルの壷」が置かれている。上部の鍾乳石から滴り落ちる聖なる水を受け止めているという。

2つの壺

さらに進むと、観光パンフなどでよく見る風景。「三庫理(さんぐーい)」。2つの岩がもたれかかるようにたち、三角形の空間がある。


そこを通っていくと拝所になる。薄暗い。ここから林に開いたハート型の隙間から海が見え、遠くに久高島が浮かんでいる。ここで1人で拝んでいれば、やっぱりパワーがもらえそうな、ちょっと神秘的な雰囲気をしている。

森の隙間の向こうに久高島

黒船ペリーが絶賛した石組み

さて、時間の許す限り、世界遺産に登録された城(ぐすく)を巡ってみる。カーナビで見て、行けそうなのが「中城(なかぐすく)城跡」と「勝連城跡」。まず中城城跡に行ってみた。
丘の上に築かれ、300以上ある沖縄のグスクの中で、もっとも多くの遺構が残っているという。芝生の運動場を抜け「裏門」から入るのがルートになっている。
琉球石灰岩で作られた6つの郭が並ぶ連郭式の山城で、全体に細長い。裏門手前のジオラマで全体像をみて、裏門をくぐった。


まず「北の郭」に入ると、井戸が残っている。海側に上がると「三の郭」。石組みの技法がもっとも進んでいるというので「新城(みーぐすく)」とも呼ばれているそう。

中城三の郭

隣が「二の郭」。城壁の曲線が美しいらしい。中城は14世紀中ごろから建造が始まり、公式HPなどによると一、二、南、西の廓が先にできた。その後15世紀半ばにこの地を収める按司(あじ=領主)・護佐丸が三の郭、北の郭を造ったという。

中城二の郭

「一の郭」にはいると、かなり広い。かつては正殿があったが、第2次大戦で焼失したという。その遺構の発掘調査、復元工事を行っていた。
いずれにしても、石組みの城壁の見事さがみどころのようだ。江戸時代末期に、黒船ペリー探検隊も訪れ、石造建築を絶賛したという。

中城一の郭

霊域で遥拝所がある「南の郭」、兵馬の訓練をしていたとされる細長い「西の郭」を経て、やっと「正門」へ。本来はここから入るのだろう。
元の道を戻ることも出来るが、城壁の外側を見るため、外周道路を少し歩いた。羽や頭が青、胴体が赤のきれいな鳩のような鳥が城壁に止まっていた。

中城正門

海を見下ろす丘に建つグスク

勝連城跡まで車を飛ばす。駐車場に入ると、また丘の上のお城。防衛上、仕方のないことだが、ここもけっこうな上りだ。海に面しているので海風が心地いいのが救いだ。


城壁で囲まれた4つの曲輪で構成され、斜面に段々畑のように曲輪がある。グスクによって「廓」「曲輪」と表記が違うらしい。
12~13世紀に建設され、15世紀半ばにはここを収めていた按司・阿麻和利が、先に見た中城の按司・護佐丸を滅ぼしたという。今は石積みの城壁と一部遺構しか残っていない。まず「四の曲輪」に入る。


ここから順に「三の曲輪」「二の曲輪」「一の曲輪」と登っていく。ちょっとした登山の気分。たぶん、グスクの一番上にいたと思われる按司を訪ねるのは大変だっただろう。


各曲輪から見る海が清涼剤。さまざまな儀式を行ったとされる御嶽などの遺構が各曲輪にある。このほかに城(ぐすく)では今帰仁城跡、座喜味城跡が世界遺産に登録されている。 こうした沖縄各地の按司を統一していった琉球王国でもそうだが、王国以前から政治と霊的な祭祀がいつも同居していたようだ。

2000年登録

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。