サンクトペテルブルグ歴史地区と関連建物群(ロシア) エルミタージュ美術館

サンクトペテルブルグ~エルミタージュ美術館

世界4大美術館・博物館の1つに、エルミタージュ美術館がある。
30年ぐらい前は3大(ルーブル、メトロポリタン、大英=故宮など諸説あり)だったのだが、旧ソ連の崩壊で開かれたロシア屈指の美術館も入れることになったのだろう。先の3つは足を踏み入れているので、4大にしようと思い、美術館のある街へ2012年、行ってみた。

ロシア帝国ロマノフ王朝の女帝エカテリーナ2世が1764年にドイツから美術品を購入したのが美術館の始まりとされているが、建物自体はその先々代の女帝エリザベータが1754年に建設を始めた冬宮が始まり。

全盛期の女帝エカテリーナ2世の隠れ家

エルミタージュは「隠れ家」を意味する。
今後よく出てくる18世紀後半のロマノフ王朝の人間関係について、ガイドの話などを簡単にまとめると、スウェーデンとの大北方戦争に勝利し、バルト海へ進出したピョートル1世(大帝)はサンクトペテルブルグを建設した。
后エカテリーナ1世との間に娘が2人いて、長女エリザベータは父母の後即位、次女アンナの息子がエリザベータ後ピョートル3世となり、后がドイツから輿入れしたエカテリーナ2世だ。
夫ピョートル3世に代わって即位した時点で血のつながりはなくなっている。かなりの専制君主だったというが、王朝としては全盛期を迎えた。

入場する。まず「大使の階段」を2階に上る。ちなみに、美術館は冬宮、旧、新、小エルミタージュ、劇場の5つの建物で構成されている。
通路は約20キロになるといい、丸1日かけても歩ききれない。収蔵品は300万点で、ガイドは「展示品だけでも1点1分見ると3カ月以上かかるそうです」。5年ぐらい住み込まないと全部見られそうもない。

「大使の階段」は彫刻を施した白壁に金色装飾、赤絨毯。ここを各国から訪れた要人が上ったのだろうが、いきなり度肝を抜かれたに違いない。
館内は広い上に、封鎖されているところもあるので、一応「順路」に沿っていかないと迷子になりそうだ。館内の各部屋には番号があり、それと館内マップを照らし合わせながら進む。
「元帥の間」を通って「ピョートル大帝の間」に。サンクトペテルブルグの街そのものを造った皇帝は身長205センチの大男だったという。肖像画が飾ってある。

抜けると「紋章の間」。天井からぶら下がる巨大なシャンデリアに、ロシア各地方の紋章があしらわれている。「ナポレオン戦争の間」で戦死者の肖像画をみながら「大玉座の間」へ。ここが、皇帝謁見の間だった。
白壁、金装飾、シャンデリア・・・。こんな部屋がいくつあるんだろうか。マップによると、番号が打たれている部屋だけでも大小300以上。確かに隠れんぼにはいいかもしれない。

空中庭園に面した小エルミタージュへの廊下を渡り「パヴィリオンの間へ」。エカテリーナ2世の私的パーティーに使われ「館内でもっとも美しい装飾」という。

愛人から贈られた金製の「孔雀時計」がみもの。朝をあらわすニワトリ、夜のふくろうも並ぶ。一角には貴石のモザイクで飾ったテーブル。「これ1つでいくらだ」などかんぐりながら、旧エルミタージュに進む。

 

 

ここまで部屋の豪華さ、調度品の見事さにあっけにとられてきているが、美術館としてはここからが本番だ。

名画の洪水、ダヴィンチ、ラファエロ、ゴッホ…

イタリア絵画「ダ・ヴィンチの間」へ。「リッタの聖母」「ベヌアの聖母」の傑作2枚が鎮座している。レオナルド・ダ・ヴィンチの名画のそろい踏みだ。

 

ベヌアの聖母

「マグダラのマリア」「聖セバスチャン」など「ティツィアーノの間」で見ながら「ラファエロの間」へ。
ここにも国宝級の「聖家族」「コネスタビレの聖母」など宗教画が並ぶ。たぶん、相当なものを見ているのだろうが、感動が分散されるようだ。

聖家族

ラファエロの回廊から新エルミタージュに入ると、ルーベンス、レンブラント、エル・グレコ、ゴヤからセザンヌ、ルノワール、ゴッホ、ゴーギャン、ピカソ・・・みんなが知っている&教科書で見たことがあるような絵を飾った部屋が画家ごとに延々と続く。

撮影はフラッシュをたかなければOKだったが、失礼ながら途中であきてきてしまうほど。マチスの「ダンス」にちょっと興味をひかれた。

レンブラントの間にある「ダナエ」で足を止める。1985年に観客が硫酸をかけた上にナイフで2回傷つけた。
ギリシャ神話でペルセウスの母のダナエを描いているが、挙げた右手のあたりに硫酸がかかったという。修復が続いているが、そこだけ不鮮明な色合いになっているのが痛ましい。

冬宮に戻り1階に降り、廊下を渡って新エルミタージュの1階へ。エジプト、ギリシャ、オリエントなどの発掘物が並ぶ。

庶民の暮らしぶりが想像できる豪華収蔵品

その一角に「ゴールドルーム」。スキタイなどの黄金装飾品が収められている。最後にだめを押される感じだ。
どのぐらいの金銭価値があるのか想像もつかない。諸外国から送られたものも多いそうだが、エカテリーナ2世ほか皇帝たちのコレクション集めに使われたのは、ほとんどが農民ら一般庶民からの税だったはずだ。
いまはこうして「開かれて」いるが、当時は庶民には無縁だったに違いない。「隠れ家」とは言い得て妙。庶民が知れば怒るだろう。
「宝石だらけのスプーン1つで何人、飢えがしのげるのだろう」などと思わされる展示品に、特権階級以外の人たちの生活もわかるような美術館だった。

1990年登録

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。