古代都市ポロンナルワ(スリランカ)

コロンボ~ポロンナルワ

約1000年前にスリランカの首都だった街がある。2008年、行ってみた。

スリランカの現在の首都コロンボ(Colombo)から普通車での個人ツアーでポロンナルワ(Polonnaruwa)に向かう。のんびりした農村地帯の光景を見ながら4時間ほどで着く。

9月末だったが、スリランカは午後になると急に暑くなる。駐車場から遺跡に向かったが、あたりが静かなこともあってか、頭も体もボーッとした感じになる。

出迎えるように立っているのが、なぞの石立像。体をちょっとくねらせて、やしの葉に書かれていた仏典(貝葉)を両手で持っている。

主要な遺跡群とはぽつんと離れて1体だけあるといい、誰の石像かもわかっていない。王や貴族、賢人や神など諸説あるという。

すぐ近くには、かつての図書館だったという「ポトグル・ヴィハーラ」があるので「図書館の宣伝用のオブジェでは。借りた本は返そう、とか言っているのでは」と推測したら、ガイドは笑っていた。

ポトグル・ヴィハーラ

 

「仏教都市」として栄えた都

大きなため池「パラークラマ・サムドラ」のほとりを歩き、遺跡地区に入る。立ち寄らなかったが、博物館が入り口からすぐのところにあるので興味のある方はどうぞ。

遺跡地区の中に入ると、遺跡が密集しており、ほとんどがレンガ積みでできている。

「パラークラマ・サムドラを作るときに掘り出した土を使ってレンガにしたといわれています」とガイドは説明した。地産地消の街だったようだ。

一応、建物などには説明板がある。たぶんシンハラ語とタミル語に英語。宮殿跡「Royal Palace」とあった。

スリランカは紀元前5世紀ごろから19世紀まで、シンハラ王朝が続いてきた。最初の都はアヌラーダプラだったが、10世紀末から11世紀にかけて南インドのチョーラ王国の侵略を受けて、ウィジャヤバーフ1世がポロンナルワに遷都した。いったんは反撃してアヌラーダプラを奪回したが、1500年続いた首都は荒れ果ててしまっており、ポロンナルワを改めて都とした。

2代後のパラークラマ・バーフ1世が仏教の普及に尽力し、寺院を数多く建てるなど12世紀には最盛期を迎え、13世紀に都を移されるまで「仏教都市」として栄えたという。

宮殿はパラークラマ・バーフ1世が造ったもので、もともとは7階建てだったという。列柱も残っており、かなりの規模だったらしい。

 

土足では入れない寺院群

仏教都市と言われた遺跡だけあって、寺院がたくさんある。中心にあるのが「クワドラングル(Quadrangle)」。四辺形という意味で、城壁に囲まれて、都の重要な建物が集中している。

「トゥーパーラーマ」という大きな仏堂がある。ポロンナルワでは、神聖な建物に入るときは裸足になる。靴を脱ぐところにはハイヒールにバツ印の標識があるが、女性だけではなく全員なので注意を。

くねくねした形の柱が8本並んでいるのは「ラター・マンダバヤ」といい、蓮の茎が風になびく様子を表している。ここでは読経を行っていたという。

「アタダーゲ」「ハタダーゲ」と、2つの仏歯寺の跡が並んである。いまはキャンディの仏歯寺(世界遺産)にある仏歯は当時、すでにインドから伝わっていた。

ハタダーゲは都を移したウィジャヤバーフ1世が11世紀に造ったという。ここに仏歯を祭っていた。

 

 

アタダーゲは、ハタダーゲより規模が大きく、ニッサンカマッラ王が12世紀に造ったもの。ここにも仏歯が安置されていたのだろうか。中は柱が林立している。

柱には細かい彫刻が残っており、同王をたたえる碑文や、踊っているように見える人物などが彫られている。屋根を支えていたわけではなさそうなので、記念碑的なものなのだろうか。

この一角で一番目立つのが、円形の壁に囲まれた「ワタダーゲ」。真ん中に仏像がおかれている。遷都前の7世紀ごろからここにあったといい、この仏塔を中心にして都を建設したということだろう。

こうした寺院の入り口の階段下には「ガードストーン」という魔除けのための像が立っている。日本でいうと、狛犬のようなものなのだろうか。

また、入口の足元には「ムーンストーン」という半月を模したような石がはめ込まれている。ここで足を洗って、中に入ったという。日本でいう上がりかまちのようなものか。これらも土足厳禁の場所だった。

 

優しい顔の3体の仏像

クワドラングルを抜け、遺跡のハイライトでもある3体の石像がある「ガル・ヴィハーラ(Gal Vihara)」に向かって、公園の中を歩く。途中にも多くの遺跡が点在している。

目立つのは饅頭型の遺跡。仏陀を祀るストゥーパに似ているが、「ダーバカ」という高貴な人のお墓。「ランカトゥ・ヴィハーラ」が最大のものという。

白い色が残る「キリ・ヴィハーラ」(キリはシンハラ語でミルク)は尖塔をもって建っている。漆喰など700年前に造られた当時のまま。パラークラマ・バーフ1世の妻の1人のものだという。

キリヴィハーラ

精緻な彫刻が壁面に残っているのは「ランカティラカ」という寺院跡で、高さ17㍍以上。奥の壁に頭部のない巨大な仏像がある。

ガル・ヴィハーラに着き、いよいよ3体の仏像とご対面。やはり土足禁止なので、入口で裸足になって、細かい砂利の上を歩く。

岩壁に左から坐像、立像、涅槃像の巨大な石仏。私のカメラでは全部まとめて撮れなかった。

座像は高さ5㍍ほど。瞑想する姿を表している。

涅槃像はもちろん仏陀だが、物憂げな表情をしている立像は、弟子のアーナンダだといわれているそうだ。師匠の死を前に、悲しみに包まれている様子らしい。

腕を組んで悩んでいるようにも見えるのは、師を失って途方に暮れているのだろうか。「人の一生の哀れを表しているといわれています」という。3体とも優しい顔立ちをしている。拝みがいのある仏像だった。涅槃像全体の絵葉書があった。

ちなみに仏像をバックに(お尻を向けて)写真撮影は禁止で「係員がすぐに飛んできます」とガイドから注意を受けた。やりがちなので、気をつけよう。絵葉書のように、仏像を写したい場合は、人は背中が写ることになる。

 

1982年登録

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。