• 料理・飲み物
  • 世界遺産の旅で触れた各地のおいしい食べ物、印象に残った料理を紹介します。

おいしいボスニア・ヘルツェゴビナ料理 チェヴァプチチ

外れなし、世界の定番「肉団子料理」

世界中に「肉団子」のような挽肉料理があり、各国で食べてきた。挽肉をこねて、スパイスや具を混ぜて、焼いたり煮たり揚げたり、ソースをかけて…など、肉の種類や調理方法でその地方の特長がでるようだ。

ボスニア・ヘルツェゴビナのモスタルのレストランで食べたのが「チェヴァプチチ(ćevapčići)」という、細長い肉団子料理。ボスニア・ヘルツェゴビナはじめ旧ユーゴスラビアの国民食で、ブルガリアやチェコなど東欧諸国でも広く食べている料理だという。同じような料理でトルコ料理で有名なケバブがある。

使う肉は羊というのだが、北海道生まれの筆者も出されたチェヴァプチチが羊とは分からなかった。香辛料や野菜を刻んだものが入っていて、ただ焼いただけの感じだが、羊肉の匂いはしなかった。ソースはかかっていなかった。

肉団子料理、バラエティーはたくさんあるが、どこの国、地域で食べても外れはない。

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。