• 料理・飲み物
  • 世界遺産の旅で触れた各地のおいしい食べ物、印象に残った料理を紹介します。

おいしいチュニジアのスイーツ カーク・ワルカ&マクロード

ひと手間かけた砂漠の国のスイーツ

チュニジアのスイーツをご紹介。

「カーク・ワルカ」という、小さなドーナツ状のお菓子を友人のカウターさんがお土産に持たせてくれた。

「うちの家族はみんな大好き。でもチュニスではなかなか手に入らないから、郊外に行くときにまとめて買ってくる」という。

アーモンドを練り込んだ生地に、バラの香り付けをしているという。手間がかかっている上、日持ちするようだ。

チュニス近郊の白い家と青い扉の街シディ・ブ・サイドに行ったときに、カウターさんの叔母宅で出されたのが、たぶん「マクロード」といっていた、パイにはちみつをかけた甘い菱形のお菓子。

トルコ発祥で地中海沿岸諸国でよく見るスイーツ「バクラヴァ」に似ているが、それほどこってりした甘さはなく、サクサク感がある。中にデイツ(ナツメヤシの実)のペーストが入っていた。世界遺産の街ケロアンの名物なのだそうだ。

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。