黄龍風景区(中国)

川主寺~雪宝山展望所~黄龍

足が、前というか、上というか、なかなか出ていかない。頭の奥深いところで鈍痛のような不快感。これが高山病なのかなあ、とぼんやり思いながら、20~30歩ぐらい進んではちょっと立ち止まる、を繰り返して、遊歩道で体を持ち上げていく。
最初は軽快だったのに。やはり標高3000~3500㍍の富士山頂クラスの高地だけのことはある。
中国・四川省、岷山山脈の主峰雪宝山(5588㍍)のふところの谷に広がり「黄龍、天下に絶」と呼ばれる絶景がある。2003年、行ってみた。

「天下に絶」の表現は本当か?

「白髪三千丈」など大げさな表現がある中国の中でも最大級に形容された場所なので「高山病怖い」などとは言っていられない。
高地慣れのため、前夜は標高2500㍍ほどの川主寺という町に宿泊。そこから標高3600㍍ぐらいの峠を越える。展望所のようなところで一瞬望めた雪宝頂には、傘のような雲がかかっていた。約2時間で黄龍に着く。

山の斜面に沿って目的地の標高3500㍍の「五彩池」まで片道約3時間という坂道を上る。入口から歩き始めると「かごに乗らんかね~」(たぶん)と声を掛けられた。「プ・ヤオ(不要)」と言うと去っていく。乗りたい人は笑顔で首を縦に振ればいい。
乗らなかったので料金は聞いていないが、当時工事中だったロープウエーがいまは完成しているというので、彼らは失業したかもしれない。
林を抜けると、まず「迎賓彩湖」が文字通り「迎えて」くれる。

黄龍の風景は大きく2通り。石灰分が堰をつくって棚田状に池が連なっている場所と、滝を含めて黄色い石灰岩の岩盤を水が流れ落ちる川が、連続している。迎賓彩池はそんな黄龍全体のミニチュア版といった感じの場所だ。「天下に絶」と言われるだけあって期待も高まる。ここから上りながら、さまざまな景色を堪能する。

登山道と下山道、どちらを歩けばいいか

遊歩道は2通りあり、登山道と下山道。一方通行ではないのでどちらを上り下りしても構わないといわれた。登山道の方は景色をつぶさに見ながら上っていく。下山道は距離的には短いが、林の隙間から風景を見る感じだという。当然風景重視なので「登山道」を行こう。


ちなみに、2006年に開通したロープウエーで上まで登って下りるだけの場合は「登山道」を下りた方がいい。今は下山しながら見る人が多いのだろうから、そんな呼び名はないかもしれない。途中で2つの道が交差しているところもあったので、間違って下山道に入ったら戻ろう。
下山の時に一部下山道を下りてみたが、確かに登山道と違った風景は楽しめる。ただ、池までの距離が少し遠く、池に接している登山道とは臨場感が違う。見下ろす感じのところが多いので、光の方向が変わって、池の水の色が違ってみえる楽しみはある。

少ない酸素にあえぎながら絶景を上る

遊歩道は木道が主。緩やかな上りの木道と階段の連続で少しずつ上っていく。迎賓彩池を過ぎて上っていくと、まず苔むした岩を幾筋になって流れ落ちる「飛瀑流輝」にでる。


早くも酸素の薄さを実感する。単に不摂生による体力の衰えかもしれないが…無理は禁物。ときおり「心臓破り」的な上りもあり、そのために酸素ボンベと水、適度な休息が必要で、ベンチがところどころにあるのも助かる。

そこから次々と現れる棚田状の池群。「瀲絶湖」は、水中の藻できれいな黄緑色にみえる。名前ほどではないとは思ったが。

瀲絶湖

水の中に小さな木がところどころに生えて盆栽のようになっている「盆景池」。これは名前の通りの景色が広がる。

盆景池

鏡のようなきれいな水をたたえた「明鏡倒映」といった名前が付いた池群がでてくる。

酸素不足の中で全部覚えるのはちょっと無理。印象に残ったのだけでも覚えておこう。または書き留めよう。

黄龍のハイライトはさすが「絶」

青や緑の色に染まったように見える池が650以上ある「争艶彩池」は見事な「絶」だ。ちょうど体も気持ちも萎えそうになってくるあたりで、奮い立たせてくれるように現れた。


池群をつなぐように、先に見た飛瀑流輝のような滝や黄色い岩盤の流れ、遠くの山々や周りの森などがアクセントを付ける。


名前の由来は艶やかな池の競演。名前負けしていない。残念ながら曇天だが、ガイドは「晴れているときれいですが、光って色がはっきりしないこともあります」と慰めてくれた。

さらに登る。「黄龍中寺」という道教寺院が見えてきたら、終点は近い。

黄龍中寺

ほどなく、終点のチベット仏教寺院、黄龍古寺(後寺)にたどりつく。ともに明(1368~1644年)の時代に創建されたといい、2つ合わせて「黄龍寺」というそうだから、ここでは宗教が同居している。
富士山より少し高い標高3500㍍。さすがに達成感はある。迎賓彩池から黄龍古寺にたどり着くまで約3時間半かかった。ゆったりとした旅程を組む方が、心にも体にもいい。

黄龍古寺

「黄色い龍」誕生の訳

黄龍の成り立ちを簡単に。九寨溝と同じ岷山山脈のふところにあり、谷は石灰岩の岩盤。ここの岩盤は黄色いので、水の流れでむき出しになったところは光の加減もあるが、黄色や金色に見える。


流れる水には石灰分(石灰華)が溶け込んでおり、流れの緩やかなところに落ちた落ち葉などの障害物に当たるとそこに付着していく。長い年月を経て、付着した部分が大きく成長し、堰をつくって水をせき止め、棚田状の池群を形成した。
流れの速いところはそのまま川や滝になって残り、曲がりくねった黄色い谷底にうろこのようなたくさんの池が点在。「黄色い龍」が誕生した。


古寺の裏手に回る。そこに広がっているのは「五彩池」。そこで異様なものを見つけた。石灰岩の池の堰に、石の灯籠が半ば飲み込まれている。


灯籠を建てたときは、まだそこまで池がなかったのだろうが、徐々に池が増えてきて、ちょうど灯籠の所に堰を作ってしまったのが奇観になったのだろうか。交流の成り立ちを表している。
池岸の低い木の枝が、池の水に浸っている所もあり、水中の枝は石灰分が付着して真っ白な綿毛が付いたようになっている。けっこう、石灰が物を覆ってしまうスピードは速そうだ。

色を変えながら連なる池は天国の光景

五彩池の遊歩道をグルッと回っていくと、背後の山に展望台がある。午前9時過ぎに登り始め、たどり着いたのは午後1時少し前。おなかがすいた。
展望台に登ってホテルで用意してくれた弁当(といってもパン、ソーセージ、ゆで卵にザーサイ)を開き、眼下に広がる五彩池をながめる。

透明から緑、青へと色を変えながら、小さな池が連なる。ここまで来て、本当の「黄龍、天下に絶」を味わったといえそうだ。

上から見ると「上流から下流」にかけて、1つ1つの池の色が少しずつ変化していくさまに、思わずうなってしまう。「五彩」というだけのことはある。


下山道をゆっくり下り、途中でまた登山道に戻ってそこを下りながら、1度見た景色を逆から眺めながら下りていくのも、目を楽しませてくれる。
登りに懸命で景色を振り返る余裕がなかったこともあり、下山中も初めて見る風景であきない。池や川のすぐ横を歩け、当時は境界には簡単なロープなどが張られているだけだった。


下っている最中、中国人の観光客が立ち入り禁止になっている池の堰の部分に上がって写真撮影などしていたので、日本語で「出ろ」と言うとしばらくにらまれた。自分の写真を撮るために、自分の国の「宝物」に傷をつけているようでは…。

池の赤ちゃんが無数にある

翌日の午前中、再度黄龍を訪れることにした。天気も前日よりは少し回復して薄日が漏れ、ときおり日差しも顔をだす。
移動日だったのでこの日の散策制限時間は2時間。当然、五彩池までは無理なので、1時間で登れるところまで行き、下りながら見てこよう。


不思議なことに前日は苦しかった息が、うそのように快調。休息なしで「7合目」付近にある「争艶彩池」まで登り切った。人間の体も順応性が意外と高いようだ。


青、緑など見る角度によってさまざまな色に彩られる池、黄色い光沢を放つ岩盤は、この日も目を楽しませてくれた。現在の「本流」の脇には、既に水が流れなくなってしまって薄汚れた堰が、浴槽のように形だけ残っている。
一方で、緩やかな流れの中にはたくさんの落ち葉をつなぎ合わせるようにした小さな「堰」の原型が無数にある。これが池に成長していくのだろう。


100年後、200年後はどんな姿になっているのだろうか。

1992年登録

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。