アマルフィ海岸(イタリア)

ナポリ~アマルフィ海岸~アマルフィ

映画や歌の舞台になった、美しい海岸線がナポリの近くにある。「アマルフィ(Amalfi)」という名前からしておしゃれな響きがする。2017年、行ってみた。

ナポリからツアーバスで40分ほど、バス1台すれ違うのがやっとというようなところもある峠道を越えて、ナポリの南にあるソレント半島を越えると、青い海ティレニア海が広がる。アマルフィ海岸(Costiera Amalfitana)だ。

断崖と青い海が織りなすコントラスト

車窓の風景、さすがに世界遺産になった海岸線だけのことはある。切り立った崖を縫うように走るクネクネとした道路から見える青い海と、さまざまな表情を見せる断崖が織りなすコントラストにくぎ付けになる。

ところどころに小さな街、集落が点在しており、いずれも崖にへばりつくように、家が建っている。

 

アマルフィ海岸は、ナポリ民謡をエルビス・プレスリーが英訳して大ヒットした「帰れソレントへ」で有名なソレント(Sorrento)という街から、サレルノ(Salerno)という街まで約30㌔ほど海岸線をいう。

これから行くアマルフィや、ソレント、サレルノはじめ、中世には海洋都市国家が多く存在していた。アマルフィへの途中でいったん停車、展望所のようなところから、街、海、断崖のコントラストの風景を見られる。

 

1000年以上の歴史を持つ街

アマルフィ海岸の中心地、アマルフィに着く。ちょうど入り江になっている場所なのだろう。それまで通り過ぎてきた街はほとんど「土地」がなかったのに比べて「けっこう広い平らな所もあるんだ」と思った。

駐車場から旧市街に行く。海岸沿いの道路にサークルがあって銅像が立っていた。フラビア・ジョイアという羅針盤を発明した人の銅像だという。

 

 

建物の1階部分にトンネルがあって、門になっている。狭い土地なので、建物と道を融合させているようだ。街を歩くと、こうしたトンネル付き建物がいくつかあった。

門の横の壁にはタイルの海図がある。かつてのアマルフィ共和国(公国)を表す地図だった。

アマルフィは9世紀にナポリから独立。イスラムとの対立を制し、11世紀に海運などの海洋国家として最盛期を迎えた。12世紀から衰退、14世紀には嵐で街の大半が破壊されたという。

「海の門(ポルタ・マリーナ)」をくぐると、旧市街に入る。すぐ前にあるのが「ドゥオモ広場」。階段の上には「聖アンドレア大聖堂(Duomo di Sant’Andrea)」が建っている。

ドゥオモは元々アラブ・ノルマン様式という、シチリア島の大聖堂で見たものと同じ建築様式で9世紀ごろに建てられたという。何度も改修されたが、イスラムの影響があるので、ファサードや壁面も幾何学模様とモザイクで飾られている。街の守護聖人聖アンドレアに捧げられている。

日曜日で何かあったのだろうか、残念ながら中に入れなかった。内部には大理石を使った豪華な祭壇やフレスコ画などがあるという。「天国への階段(Chiostro del Paradiso)」という中庭もある。イスラム様式のアーチの柱が並んでいるという。外の廊下もきれいなアーチでできている。

立派な青銅製の扉がある。中世にコンスタンティノープル(現イスタンブール)で製造されたものだという。

隣に立つ鐘楼は、屋根が印象的だ。1180年から100年以上かけて造られた。黄色と緑色のマジョルカ焼きで外壁を飾っている。見張り塔の役目もあったという。日が差すときらきら光る。

 

高級リゾート地を生む景色の美しさ

広場に戻り、山側に向かってメーンストリートを歩く。緩やかな上り坂になっているのは、土地柄のせいだろう。レストランや土産物屋などが立ち並ぶ。

門のようにトンネルになっている建物まで行く。その横に「プレセピオ(Presepio)」というクリスマス飾りがあった。

 

記憶にないのだが、日本映画「アマルフィ 女神の報酬」でも登場したという。クリスマスには石の家に明かりを灯す。

 

そこでUターンした。先に行くと「紙の博物館」がある。アマルフィは紙が名産で、中国から伝わった紙をいち早く生産し、各地に出荷していたという。

メーンストリートを下り、海に出た。谷あいに、上へ伸びていく街の様子が分かる。来たときは広いと思ったが、こうしてみると、一大海洋国家にしては「国土」はそんなに大きくはない。

突堤を行くと、先の広場で結婚の写真撮影だろうか、新郎新婦と思われる2人がポーズをとっている。そこからのアマルフィの景色がいいということなので、写真スポットに選ばれたのだろう。

邪魔にならないように、街の景色を楽しんだ。街に向かって右手の岩山には13世紀に造られたという修道院や、見張りの塔などが残っている。

海岸にある修道院と砦

海から見ると、街は入り江にへばりつくように建てられた建物でびっしり。海岸道路に面して市庁舎や博物館など公的機関も軒を連ねている。

ドゥオモ広場の一角、せっかくなのでオープンカフェでドゥオモなどを見ながらピザとビールの昼食をとった。

帰り道、くねくね道でアマルフィの街が見えたり隠れたりしながら、バスでナポリに向かった。

そうそう、アマルフィの街もきれいだったが、世界遺産になったのは、やはり海岸線の美しさだ。イタリア屈指の高級リゾートになっていて、ポジターノ、ラヴェッロなどが知られている。

 

見られたのは一部だけだが、進行方向が逆だと、また違った景色に見える。

 

1997年登録

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。