聖地キャンディ(スリランカ)

キャンディ~ダラダ・マリガーワ

世界に数本しかないという仏教の開祖、釈迦の歯(仏歯)を祀った寺院がスリランカにある。キャンディという覚えやすい名前の街に2008年、行ってみた。
街に着いたのは、午後遅く。仏歯が納められている寺院は「ダラダ・マリガーワ」、通称「仏歯寺」という。
寺院の前にはキャンディ湖が広がっており、湖越しにながめながら、カレー中心の遅い昼食をとる。スリランカもインドに劣らずカレーの食文化なので、カレー好きとしてはたまらない。
ガイドが言うには、仏歯寺に行くのは夜だという。「仏歯を見られるのは夜ですから」。1日3回、仏歯を納めた聖堂の扉が開かれる「プージャー」があるという。たぶん、その夜の部に行くのだろう。

仏歯が収まった仏塔を拝む

プージャーを待つ間に、地元で受け継がれているキャンディダンスを見学した。中でも「火渡り」という真っ赤に焼いた石の上を歩くのは、ダンスというより、修行だろう。

日が暮れたところで、特徴ある八角堂を持つ仏歯寺に行く。男女別の荷物検査、X線検査を受け、靴は脱いで中に入る。石造りなので、足の裏がヒヤッとする。

入り口には象の絵が描かれている。毎年キャンディで行われるペラヘラ祭という祭りでは、きらびやかな衣装を着けた象の背中に仏歯が乗せられ、街を練り歩くという。その場面だ。

寺院の中で上がったり下がったり、迷路のような通路を通り、2階に上がる。プージャーの時間は正確には決まっていないようで「ここで並んで待ちましょう」とガイド。既に列になっている。
太鼓と笛の音が合図になって聖堂の開門が分かるようで、ざわつきが大きくなると列が進み始めた。「聖堂に入って仏歯が入った仏塔の前で拝みます。立ち止まらないように」という難しい注文をガイドから教わり、聖堂の扉のところで順番を待つ。
一度に十数人程度が招き入れられ、1列になって仏歯が納められた金色の仏塔を模した容器の前を通るだけ。一瞬立ち止まって手を合わせたが、すぐに進むように促される。

収められているのは釈迦の犬歯

聖堂を出て回り込んでみると、聖堂正面の通路にも人がたくさんいて、遠目に見える金色の容器に手を合わせている。
残念ながら仏歯そのものは見られないが、数年に1度ぐらい公開されるといい、ガイドは見たことがあると言った。「このぐらいありました」と指で長さを教えてくれたが、5センチぐらいありそうで、少々大げさなのか、本当にそんなに長いのだろうか…。
ガイドによると、仏歯は2500年ほど前の紀元前543年(諸説あり)に火葬された釈迦の左の犬歯(右の説あり)だという。インドのカリンガ国にあったが、4世紀に敵対国との戦いで奪われないように、カリンガ国の王女(王子説あり)が髪の中に隠してスリランカに持ち込んだ。
遷都などで移動したが、1590年にシンハラ王朝最後の都だったキャンディに落ち着き、当時の王ウィマーラ・ダーマ・スリヤ1世が仏歯を祭る寺院(仏歯寺)を建てて納めた。

1階に降りると、聖堂の1階部分が見られる。この仏歯寺はこの聖堂を覆うために建てられた2重構造になっているらしい。
1階の扉は閉じられていて中を見られなかったが、黄金仏が安置されている。天井を見上げると、古めかしい装飾で飾られていた。

新しい黄金仏の部屋もあった。中央の黄金仏の両側には、仏教国各国から奉納された仏像が並び、日本のものも置いてある。

ここには、仏歯がスリランカに伝えられた物語が描かれた絵も掛かっているので、わかりやすい。

消失の苦難を乗り越えた歯

仏歯は何度も失われる危機に遭ったといい、19世紀にポルトガルのキリスト教徒が仏歯を破壊しようとしたが、信者が偽物を使って守ったという。
イスラム過激派が遺跡を破壊したとよく非難されるが、同じようなことを少し前にはキリスト教徒もやっていたらしい。寛容がない宗教者が現れるとそういうことになるのだろう。
最近では1998年に爆弾テロの標的になった。仏歯寺の象徴的な建物でもある八角堂周辺の破壊がひどかったという。いずれにしろ、長く人類に受け継がれてきたものを破壊するのは、宗教上などいろいろ理由をつけるのだろうが、心が貧しい気がする。
そんな苦難を乗り越えてきたのも仏歯の力なのだろうか。お釈迦様といえども4本しか持っていない犬歯の1本がここにあるのだから。

1988年登録

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。