白川郷・五箇山の合掌造り集落(日本)

金沢~北陸自動車道~東海北陸自動車道~五箇山IC~菅沼~相倉~東海北陸自動車道~白川郷IC~白川郷~東海北陸自動車道~名古屋

 

「おもしろい家に泊まれるから行ってみな」。学生時代、能登半島を歩いているときに旅の宿で出会った人に勧められた。富山県の「越中五箇山」だという。1980年、行ってみた。

当時は国鉄の学割周遊券で北海道から出ていった。城端(じょうはな)線の終点、城端駅からバスで山にどんどん入っていった。くねくねと曲がり、バスはすれ違えないんじゃないかと思えるような山道を行く。降りたバス停が「菅沼」だった。

奇妙な(と当時思った)合掌造りの家が立ち並ぶ、のどかな田園の風景。そこから少し山を登ったところにある重要文化財の「羽馬家」にあったユースホステルに泊まった。

世界遺産登録後の2013年、近くに行く機会があったので32年ぶりに行ってみた。五箇山は南砺市になっている。今回は金沢からレンタカーで行ったが、当時建設中だった東海北陸自動車道が開通しており、もうくねくね山道ではなかった。

豪雪地帯が生んだ合掌造りの風景

「菅沼合掌集落」は当時と同じ合掌造りの家が立ち並んでいるが、田んぼが少なくなって観光地になっている。世界遺産の効果は大きいようだ。

当時は合掌造りの家と田畑しかなく、すぐ横を庄川が流れていた。32年前の写真を引っ張り出し、同じところだと思うバス停付近から見たが、今は右手に見えていた川が見えないのはなぜだろうと思った。

2013年菅沼合掌集落バス停付近から

1980年菅沼合掌集落バス停付近から

現在、江戸から明治にかけて建てられた9棟の合掌造りが残っているといい、飲食店やみやげ物店にもなっている。

いまでこそ「合掌造り」の家を知っている人も多いだろうが、最初に行った時は「なぜ合掌?」と思った。屋根は分厚い茅葺で、角度が急。豪雪地帯のため、雪が屋根に積もりにくい、落ちやすいように角度は急なもので60度もある。

両手を合わせて合掌する形に似ていることから合掌造り。ここに大家族が住み、蚕を飼ったり、生活の糧でもある加賀藩に納めていた塩硝(火薬の原料)づくりをしていたので、家全体が大きく、4階、5階建てになっている。

柱や梁は、クギを使わずに荒縄やネソというマンサクの木を揉みほぐしたもので縛ってとめている。こうした構造は、民俗資料を展示している村上家や岩瀬家で見学できるので、足を運んでみよう。

重要文化財の村上家と岩瀬家に行った。1980年にも見に行っていた。当主は代替わりしていたが、合掌造りや五箇山の歴史や遊びなども丁寧に教えてくれた。

学生時代、旅先でのちょっとしたメモ、スタンプや朱印、スケッチなどのためにノートを持っていたが、村上家の当時の当主が記念に、と書いてくれたものをみせた。

現当主は「父が書いたものですね」と懐かしそうに見てくれた。そういえば、この地に伝わる民謡の「こきりこ節」や「麦屋節」に使う筑子(こきりこ=竹の棒)や、板ざさら(板を108枚紐で結び両端を持って打ち鳴らす)の使い方を習った。昔と変わらない村上家での懐かしい光景がよみがえってきた。

五箇山・村上家2013年

五箇山・村上家1980年

五箇山で最大の合掌造り、岩瀬家も当時の当主も、同じようにノートに一筆したためてくれていた。

当時と同じアングルから両家の写真を撮ってみた。こちらも40年近くたっても変わっていない。建てられて300年ほど経っているのだから、当然か。

五箇山・岩瀬家2013年

五箇山・岩瀬家1980年

菅沼から庄川を渡って山を上っていくと、集落と離れて1つ、羽馬家の大合掌造りがある。

五箇山・羽馬家

もうユースホステルはやめていたが、お邪魔して昔話をしてから、もう1つの集落「相倉合掌集落」に行った。

合掌造りに住んでみる気は?

合掌造りの家が民宿などになっている。その1つに泊まった。夜、かつては庄屋だったという豪邸(合掌造りではなかった)で、麦屋節の保存会の公演があったので、初めてちゃんと聞いた(見た)。

五箇山・麦屋節保存会

相倉合掌集落は、菅沼よりも規模が大きい。ここには20棟の合掌造りが建っている。1980年には来なかったので、集落内を歩いた。どれも立派な風格だ。

原始合掌造りの家もあり、屋根が地面までついている。縦穴式住居の進化系なのだろうか。

「天狗の足跡」という奇妙な石がある。多くの合掌造りは民宿や土産物店、飲食店になっている。

夜はライトアップされるので、なかなかの風情でもある。行ったのは初秋だったが、いろいろなところに飾られている写真を見ると、観光客としては冬がよさそうだ。住んでいる人は大変な季節だから合掌造りができたのではあるが。

宿の方が言っていたが、商売をせずにただ普通に住んでいる家もあり、観光客が勝手に入ってくるケースなどトラブルもあるという。集落内は禁煙なのは当然か。マナーは守りたい。

また、茅葺の葺き替えなども大変で、離れていく人もいて、空き家になっているものもある。逆にそうした家に移り住んでくる人もいるという。「いまも1つ、空き家があるそうなので、どうですか」と勧められた。

台風の中を白川郷へ

実はこの時、台風が迫っていることを忘れていた。相倉合掌集落で朝起きると、強風と雨。テレビでは京都・嵐山の桂川氾濫を映し出している。

宿の方が消防団などに聞いてくれたところ、富山方面への道路がすべて通行止め、名古屋方面は東海北陸自動車道だけは通れるという。白川郷を見て、富山から飛行機で、というのはあきらめて、名古屋へ出るしかないらしい。

五箇山相倉合掌集落を一望できる丘を教えてもらい、少しもやにかすんだ集落を見て白川郷へ急いだ。「いつ通行止めになるか分からないそうですよ。気をつけて」と見送られて。

五箇山・相倉集落

自動車道では強風に押されるのをハンドルにしがみついて何とか白川郷に昼ごろについた。こちらは、岐阜県白川村になる。

どうやら台風は先に進んで行ったらしく、雲の流れは猛烈に速いが雨はたいしたことがなくなった。たまたま入った喫茶店の方が親切で車を置かせてくれ「萩町合掌集落」へ向かった。

一番北側にある重要文化財「和田家」に行ってみた。萩町集落では最大級の合掌造りだという。確かに五箇山最大級の岩瀬家よりも大きく感じる。田んぼの中にぽつんと建っているからかもしれない。

江戸時代に名主を務め、塩硝の取引をしていたという。こちらは最後は天領だったというので、五箇山(加賀藩)はライバルだったか。

合掌造りの構造は基本的には五箇山と同じ。違いは、行ってみるとわかるのだが、五箇山は家の正面に入口がある造りがほとんどだったが、白川郷では家の横、屋根の軒下に入口がある家が多い。雪が落ちてくるので大丈夫なのだろうか。

どちらの起源が古いのかはよくわかっていないらしく、白川郷の合掌造りも江戸から明治時代にかけてのものだという。

豪雪地帯で、冬の間は家の中で養蚕をしたり、塩硝づくりをする似た境遇、生活の中で同じ形になったのだろうか。2,3階に上がると、年月を感じさせる黒光りする柱や梁がむき出し。民具や農具などの展示もしてある。

和田家を出て南に歩き、萩町集落の中に入っていく。集落には60棟の合掌造り家屋が残っており、五箇山の両集落よりも規模が大きい。

多くの合掌造りは観光利用

五箇山は谷あいにあったが、こちらはもう少し開けた土地にあるからだろうか。どちらも庄川沿いにあり、白川郷はその上流にあたる。

合掌造りの多くが民宿や飲食店、土産物店になっている。「長瀬家」や「神田家」など中心となるような大きな合掌造りもある。すべて中に入ると大変なので、休憩する、食事する、土産を買うなど、そんなタイミングで入ってみたほうがいいだろう。

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。