ピサのドゥオモ広場(イタリア)

フレンツェ~ピサ~斜塔~大聖堂

「ピサの斜塔」といえば、世界中の人が認める奇妙な建物の代表格だろう。ガリレオ・ガリレイとの関係も有名だ。1991年、行ってみた。

「斜塔」のある街へは、フィレンツェから半日のバスツアーで行った。電車でも1時間ぐらいで行けるという。

傾いたから貴重な建物に

このピサのドゥオモ広場というのは、斜塔のみがクローズアップされて周りに何があるかよく分からないが、メーンは大聖堂(ドゥオモ)。その隣に建てられた鐘楼が、通称「ピサの斜塔」だ。

 

日本でいえば、お寺の本堂の脇にある「鐘」をつるした鐘撞堂といったところ。大聖堂の付属の建物だが、傾いたおかげでこちらの方がよく知られるようになった。

1173年から建設が始まったが、4階まで造ったところで傾き始めたという。原因は地盤沈下。塔の底面に硬いところと軟らかいところがあったらしい。

その後、まっすぐにしようと設計変更もされたが、修正できなかった。当初は高さ100メートルの予定だったというが、1372年に完成したときは、高さ55メートルと予定の半分ぐらいになってしまった。

最上階だけは地面に垂直に建てられているので、なんだか上と下でバランスが悪く見える。傾きを止めるのをあきらめて、斜塔を「売り」にするために、危なっかしく見せる演出だったとしたら、なかなかの発想だ。

斜塔と言えばガリレオ

斜塔を世界的に有名にした逸話が、ガリレオの実験。重さの違う石を落としても同時に地面に着くという自由落下実験をした場所として知られる。

その後も年々傾きを増し、行ったときは傾きを止めるための工事が行われていた。せっかく大小の石を拾っておいたのに、残念ながら塔に上れなかった…。

2001年に工事は終了して、いまは人数制限があるが上れる。報道によると、今後300年は持つというので、これから行こうと思っている方は心配無用だが、石はやめよう。

大理石でできた、白い塔は青空にはえる。メーンの建物、ドゥオモの白さも鮮やか。柱とアーチを組み合わせた外観も美しい。

ドゥオモの中に入る。薄暗い中に光るランプの揺れから振り子の法則を発見したという「ガリレオのランプ」。どうやら、ガリレオはここピサでいろんなことを見つけたらしい。後世のねつ造という説もあるが、そう思って見ると、そのランプが実際のものかはわからないが、特別なものに見えてくる。

さて、その大聖堂の前にある広場。斜塔と反対側にはドーム状の洗礼堂があり、芝生がきれいに刈りそろえられ、寝転ぶにもちょうどいい。

そこにいた先客たちがはしゃぎながら写真を撮りあっている。そんなグループがあっちにもこっちにもいて、意外と騒々しい。観察していると、斜塔をバックにさまざまなポーズをとっている。

斜塔を生かす写真の撮り方

一番多いのが、斜塔の右に立って、手を上げて倒れるのを支えるポーズをとっている人。そのほかにも、蹴る格好や、押し倒す格好などなど。写真が出来上がったときに、斜塔と遊んでいるようになる。

自分が斜めになって斜塔と平行に立ち、写真上では斜塔をまっすぐになっているようにポーズをとる人もいれば、斜塔と体を交差させて完全に倒してしまう人もいる。

当時はフィルムカメラだったので、できあがるまでどう写ったか分からなかったが、今のデジタルカメラならその場で楽しめる。

とかく、観光地での写真は絵はがきのようになりがち。写真の楽しみ方を、いろいろ「発見」させてくれるのも、斜塔という「異空間」ならではなのかも。ガリレオが知識欲を刺激された理由なのかもしれない。

1987年登録

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。