エレファンタ石窟群(インド)

ムンバイ~インド門~連絡船~エレファンタ島

 

その石窟寺院へ行くとヒンドゥ教の最高神、シヴァ神(Siva)が踊っているそうだ。象の彫刻を見た遺跡の発見者が名前をつけた島に2016年、行ってみた。

ムンバイ(Mumbai)のフェリー乗り場に、大きな門が建っている。「インド門(Gateway of India)」という1924年に造られた高さ26㍍の大きな門。海から上がってすぐのところに立っている。当時、インドを統治していた英国のジョージ5世とメアリー王妃の上陸を記念して建てたという。

ムンバイから「エレファンタ島(Elephanta Island)」へいくツアーを申し込んだ。インド門前で待ち合わせたガイドからフェリーの乗船チケットをもらい「往復ですからなくさないでください」と言われた。

ムンバイの沖合約10㌔のところにあるエレファンタ島までは、1時間15分ほど。到着すると、船着場から長い桟橋が伸びている。桟橋の真ん中をミニトレインが客車を引いて走っているぐらいだから、500㍍ぐらいはあったのだろうか。ぶらぶら歩いた。

桟橋を歩き切ると「ここから129段登ります」と今度は緩やかな階段と坂道。両側に土産物や食べ物の店が並んでいるので飽きないが、その分時間はかかった。フェリーを降りて25分ほどで、エレファンタの石窟寺院の入口に着く。

 

悪魔を踏みつぶして踊るシヴァ

入口の両側にまず彫像がある。「ここはシヴァのために造られた寺院です。ヴィシェヌ、ブラフマー、パールヴァティーなどの神もいますが、主役はシヴァです」とガイド。シヴァ神の物語で埋まった寺院だという。

入ると右手に早くも「踊るシヴァ神」の像。8本ある腕のうち、1本しか完全に残っておらず、足もないので、どんな踊りだったのかはよく分からないが、確かに踊っているようだ。

「ナッタラージャといいます。足元には悪魔がいて、悪魔を踏み殺している。ですから、シヴァが踊りをやめるとよくないことが起こるといわれています」とガイド。シヴァ神は「破壊と創造神」といわれている。「いいことを守るために悪いことを破壊するんです」ということらしい。

向かい側には「マハー・ヨギー・シヴァ」の像。ハスの上にヨガの瞑想のポーズのシヴァ神。これも腕はなくなっている。上にブラフマー神、下にヴィシェヌ神やガネーシャ神などヒンドゥの神々が囲んでいる。

ポルトガル人の射撃目標になった石窟

この石窟寺院は岩山を掘って造られている。ヒンドゥの修行僧によって、5~8世紀に造られ、7つの石窟寺院があるという。今来ているのが7世紀に造られた第1窟。未完成なものや行くのが難しいところが多く、第1窟が見学場所となる。

忘れ去られていた遺跡を、ポルトガル人が1535年に見つけた。その時、象の彫刻があったことから、島の名前になったという。象というのは、ヒンドゥの人気者、ガネーシャのことだろうか。

ガネーシャ像

「ポルトガル人は、この洞窟を射撃場に使っていました」とガイド。異教の像、彫刻に向かって撃っていたというので、破損している像、彫刻が多い。

大航海時代から植民地時代にかけて、キリスト教の欧州各国はこうした「破壊」を世界中で無数にやっている。当時のキリスト教布教に関わった人たちはイエスやマリアの像が銃撃されたらどう思うだろう。想像力が足りない。シヴァ神の「破壊」とは意味が違う。

ポルトガル人の銃撃の跡

石窟は四角く造られている。ホールの右寄りに中央神殿がある。まずは壁面を見るために、時計回りに回った。

 

左のテラスの左柱には「ラヴァナ・シェイキング・カイラーサ」の彫刻。シヴァ神の住むカイラーサ山でのラヴァナという悪魔との戦いを表し、板のようなカイラーサ山の下には持ち上げて山ごと持っていこうとするラヴァナがいて、上に乗ったシヴァ神が押さえている。

その向かい側の右柱には「ゲームをするシヴァ」の像。「すごろくのようなもので、サイコロでゲームをしていて、負けたパールヴァティーが逃げていく様子です」と、少しコミカルな彫刻になっている。

破壊と創造の神は何にでもなれる

入口の反対側、奥の壁面には3つの場面が並んで描かれているのが、第1窟のハイライトでもある。

左側には、左胸にだけ乳房があるシヴァ神。「ナーリ(女性)・ナティ(男性)・シュワラといいます。ブラフマーが人間をつくるのをやめたときに、人口が増えなくなって女性をつくらなかった間違いに気づいて女性をつくった。シヴァはその半分が女性に変化した」(ガイド)という神話があるらしい。

ナーリ・ナティ・シュワラ

銃弾にやられていないきれいな像が中央にある。「マヘッシュ・ムルティ」というそうで、3つの顔を持つシヴァ神。「右は女性的な顔で平和、左は破壊者、中央は穏やかな顔で調和を表しています」とガイドは説明した。

マヘッシュ・ムルティ

奥の右側には、ガンジス(ガンガー)の物語。「ガンジスはシヴァの髪の毛になって頭に住んでいます。強い人を表しています」とガイド。シヴァ神の右に女性として描かれている。

左上にブラフマー神、右上にヴィシェヌ神が描かれ「左下にシヴァの妻のパールヴァティーが怒った表情なのは、別の女性と一緒だから」と、ガイドは笑った。

 

シヴァの喜怒哀楽を描くシヴァ・ファースト

入口から見て右のテラスに進む。左柱には「カルナーヤ・スンダラ・ムルティ」という、シヴァ神とパールヴァティー神の結婚式の様子が描かれている。「手をつないで、火の周りを7回回ります」という結婚式だそうだ。

右柱には「アンダカスラ・ヴァーダ・ムルティ」という「怒れるシヴァ神」。それまでどちらかというと穏健なシヴァ神だったが「悪魔との戦争で剣と皿を持ているのは、退治した悪魔の血を落とさないためです。落とすと悪魔がまた出てくる」という。

額に第3の目がある。「これが開くとすべてを焼き尽くしてしまいます。会社員が『部長が第3の目を開けた』というと、かなり怒っているということです」と教えてくれた。

このテラスの前に中央神殿「シヴァ神殿」がある。中にはシヴァ神の象徴の「リンガ」が置かれている。ヒンドゥ教ではリンガはエネルギーの源。「自分や家族に重大な問題があると中に入って祈っていました。昔は神殿の中に女性は入れなかった」という。今は四方に出入り口があって、自由に入れる。

中央祠堂のリンガ

とにかく「シヴァ・ファースト」の石窟寺院。喜怒哀楽、さまざまなシヴァ神を見せてくれる。

シヴァ神を引き立たせる細かい彫刻がたくさんあったはずなのだが、射撃の的にされて失われてしまったところも多いのが惜しまれる。大航海時代のポルトガル人の暴挙がなければ、もっと美しかったはずなのだが…。

 

1987年登録

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。