• 料理・飲み物
  • 世界遺産の旅で触れた各地のおいしい食べ物、印象に残った料理を紹介します。

おいしいチュニジア料理 クスクス

世界最小パスタの広い用途

世界最小のパスタと呼ばれている「クスクス」。主に北アフリカの料理として有名で、チュニジアでも一般的な料理。友人のカウターさんの弟モハメドさん、ファティマさん夫妻宅でごちそうになった。
小麦粉を小さな粒状にしたものを蒸すそうで、旧市街メディナなどでも日本の蒸し器に似た「クスクス鍋」を売っていた。
2つのなべが縦に合わさっており、下の鍋でソース(スープ)をつくりながらその水蒸気で上の鍋の中の具材を蒸すのだという。


パスタだけに、具はさまざまあるそうで、食べたのは魚のクスクス。30~40㌢ぐらいの魚のぶつ切りと大きなピーマンがクスクスの上にのっていた。魚をほぐしてクスクスと一緒に食べる。
クスクス自体にもソースで微妙な味付けがしてあった。最小のパスタながら食べごたえがあり、魚ひと切れで十分満足した。

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。