• 料理・飲み物
  • 世界遺産の旅で触れた各地のおいしい食べ物、印象に残った料理を紹介します。

おいしいメキシコ料理 エスカモーレ

アリの卵がこんなに大きい!?

メキシコシティ郊外のテオティワカンに行った帰り、ホームステイ先のカスティージョ夫妻とレストランに入った。夫妻がなにやら店主と話していて、出てきたのが米を使ったような粒々の料理だった。

カルメンさんに「おいしいわよ」と言われて、いつも通りトルティーヤに巻いて食べた瞬間に、2人が笑い出した。「なんだと思う?」「米?」。また大笑い。

「タマゴアリ」とマリオさんは日本語で教えてくれた。「エスカモーレ」という料理で、巨大な黒アリの卵と野菜やペーストなどで混ぜ合わせてあった。

正体を聞いてちょっとびっくりしたが、おいしいのでもう1本たべた。よくみると、粒は米ではなくて「卵」。大きさが米ぐらいもある。軟らかく、炊いた米と似た食感だった。

そういえば、遺跡を歩いていてマリオさんが巨大な蟻がいると「タマゴアリ」と教えてくれたのを思い出した。「食べられる」ということだったのだろう。食材としては高級だという。

 

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。