• 料理・飲み物
  • 世界遺産の旅で触れた各地のおいしい食べ物、印象に残った料理を紹介します。

おいしい中国料理 北京ダック&サソリ素揚げ

北京にある有名店で日本でも知られている「全聚徳」にガイドが連れて行ってくれた。店は北京市内にいくつかあるそうだが、行ったのは天安門近くの店だった。
北京ダックは、アヒルをじっくりこんがり丸焼きにして、焼き上がった皮をそぐようにして切り取り、ネギやキュウリなどと専用の味噌と一緒に、小麦粉でつくった餃子の皮のような薄餅に巻いて食べる。
この店では、調理人がワゴンで運んできて、焼き上がったばかりの北京ダックの皮をその場で切り取ってくれた。これを薄餅に自分で巻いて食べる。
皿のすみに不気味なものが。どうみても、サソリ。飾りで置いているわけではないと分かってはいるが、一応「これ、食べるんですか?」とガイドに聞くと「薬です。体が強くなります。嫌いですか?」といわれた。

初めてなので好きか嫌いかは分からないが、せっかくだから食べてみた。カラカラに揚がっていたので、食感は小エビの素揚げのような感じ。ちょっと噛みしめてみたが、少し苦みが舌に残った。サソリの毒? 最初に食べた人は勇気がある。

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。