• 料理・飲み物
  • 世界遺産の旅で触れた各地のおいしい食べ物、印象に残った料理を紹介します。

おいしいイスラエルの食べ物 なつめやしの蜜(デイツ・シロップ)

古代、蜂蜜の代用品だった

エルサレムのホテルで現地のガイドとお土産の話をしているときに「デイツ(date)の蜂蜜があります。おいしいです」という。よくわからなかったが、デイツ(デーツ、なつめやし)の蜜だという。
スーパーマーケットなどがあるところで車を降ろしてもらい、ブラブラと散歩しながらマーケットに入ってみた。
陳列棚にそれらしきものがあったが、ヘブライ語で書かれていたので、名称は分からない。イラストを見て、たぶんこれのことだろうと思って買ってきた。

後でガイドに見せたら「これです」と言った。正確には価格は覚えていないが、その場で換算したときに300~400円ぐらいだったと思う。
日本に戻って食べてみた。確かに「蜂蜜」のような感じだ。デイツの実を絞って作るそうで、古代メソポタミアでは蜂蜜の代用だったともいわれる。「デイツ・シロップ」という呼び名らしい。
トーストにつけて食べるぐらいしか使い道を思いつかないのだが、これがいける。

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。